○ニセコ町ごみ散乱防止に関する条例

平成10年9月25日

条例第19号

(目的)

第1条 この条例は、飲料容器等の散乱を防止することによって、地域の環境美化の促進を図り、もって町民の生活環境の向上に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 飲料容器等 飲料を収納していた容器、たばこの吸い殻、チューインガムのかみかす及び紙くず等の散乱性の高いごみをいう。

(2) 事業者 容器に収納した飲料、たばこ、チューインガム及びその他散乱性の高い包装をした物等の販売等を行う者をいう。

(町の責務)

第3条 町は、飲料容器等の散乱の防止に係る意識の啓発を図るなど、環境美化の促進に係る必要な施策の推進に努めなければならない。

(町民等の責務)

第4条 町民及び本町の区域に滞在する者並びに本町の区域を通過する者(以下「町民等」という。)は、屋外で自ら生じさせた飲料容器等を持ち帰り、又は回収容器等に収納することにより、環境美化の促進に努めるとともに、町が行う施策に協力しなければならない。

(事業者の責務)

第5条 事業者は、飲料容器等の散乱を防止するため、町民等に対する意識の啓発及び飲料容器等の回収容器の設置等に努めるとともに、町が行う施策に協力しなければならない。

(禁止行為)

第6条 何人も、道路、広場、公園、河川その他ニセコ町の区域内において飲料容器等をみだりに捨ててはならない。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、平成11年1月1日から施行する。

ニセコ町ごみ散乱防止に関する条例

平成10年9月25日 条例第19号

(平成10年9月25日施行)

体系情報
第8編 生活環境/第6章 環境保全
沿革情報
平成10年9月25日 条例第19号