○西ノ島町交通事故防止緊急対策実施要領

昭和52年9月1日

(目的)

第1条 この要領は、交通事故が多発し、又は死者、重傷者が増加する傾向がある場合、その状況に即応して、交通事故防止緊急対策会議(以下「緊急対策会議」という。)を設置し、関係機関、団体等が総力をあげ、事故防止対策を緊急かつ総合的に推進し、もって交通事故防止を図ることを目的とする。

(組織)

第2条 緊急対策会議の組織は、西ノ島町交通安全対策会議の中から、次のものをもってあて、町長が会議を主宰する。

(1) 総務課長

(2) 産業建設課長

(3) 町民課長

(4) 教育長

(5) 町内の小、中学校長

(6) 交通指導員

(7) 老人クラブ連合会長

(8) 西郷土木事務所島前出張所長

(9) 浦郷警察署長

(10) その他必要に応じて関係機関、団体の出席を求める。

(会議)

第3条 会議は、次の事態が予想されるとき、必要に応じて開催する。

(1) 交通事故が多発し、死者、重傷者が増加の傾向があるとき。

(2) 季節的又は各種行事等で、交通事故の多発が予想されるとき。

(3) 島根県知事又は島根県警察本部長(浦郷警察署長)から要請のあったとき。

(4) その他緊急に対策が必要とされるとき。

(交通事故防止対策の実施項目)

第4条 緊急対策会議において、交通事故分析結果に基づき、次の事項について具体的な対策を策定する。

(1) 広報及び交通安全教育に関すること。

(2) 交通安全施設の整備に関すること。

(3) 交通規制及び指導取締りに関すること。

(4) その他必要と認める事項

(実施細目については、別表を参考とする。)

2 前項により策定した対策については、関係機関、団体と協力して、すみやかに実施するものとする。

(緊急対策の実施期間及び期間の変更)

第5条 実施期間は、事案の態様に応じて、緊急対策会議において決定するが、おおむね1箇月以内とする。ただし、緊急交通事故防止対策の実施及び経過を勘案し、この期間を変更することができる。

附 則

この要領は、公布の日から施行し、昭和52年7月1日から適用する。

附 則(平成6年要領第3号)

この要領は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年要領第1号)

この要領は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年要領第1号)

この要領は、平成9年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

緊急交通事故防止対策実施細目(交通事故の実態に応じた細目を抽出実施する。)

対策の実施項目

実施細目

一 広報及び交通安全教育に関すること

○緊急有線放送の実施 ○広報車の出動 ○立看板、ポスター等の掲示 ○チラシ等の配布 ○西ノ島町広報紙の活用 ○はがき、レター作戦 ○協力依頼文の発送 ○地区別交通安全対話集会 ○区長会の開催 ○交通安全大会 ○法令講習会(特に未受講者の参加) ○老人交通教室、幼児、少年交通教室等 ○映画会 ○交通事故写真展 ○自転車教室 ○自転車一斉点検 ○2輪車実技講習 ○減速運動 ○飲酒運転追放等署名、宣言運動、交通安全宣言車 ○黄色い自転車運動 ○無事故、無違反競争 ○シートベルト、ヘルメット着用推進運動 ○ストップマークの普及 ○夜間事故防止のための反射板の普及、活用

二 交通安全施設の整備に関すること

○事故防止のための視距の改良、舗装の整備、区画線の表示、カーブミラー、ガードレールの設置等 ○町道、県道の拡幅改良検討 ○事故多発地点の現地調査 ○道路パトロール ○橋りょう等の改良 ○スクールゾーン等の再点検 ○夜間の交通環境の改善

三 交通規制及び指導取締りに関すること

○現行規制の検討、改善 ○規制の強化 ○規制遵守についての広報活動 ○交通指導員の活動強化 ○交通モニター等の活用 ○街頭監視活動の強化 ○警察、陸運事務所など関係機関に対する取締りの強化要請

四 その他必要と認める事項

○推進体制の再点検 ○関係機関、団体に対する協力要請

西ノ島町交通事故防止緊急対策実施要領

昭和52年9月1日 種別なし

(平成9年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全対策
沿革情報
昭和52年9月1日 種別なし
平成6年 要領第3号
平成7年 要領第1号
平成9年 要領第1号