○宇賀交流施設管理運営規則

平成12年3月30日

規則第16号

(使用者の範囲)

第2条 宇賀交流施設(以下「施設」という。)を利用することができる者は条例第4条第1項の規定により町長の許可を受けた者(以下「使用者」という。)とする。

(使用許可の申請)

第3条 条例第4条第1項の許可を受けようとする者は、使用を開始しようとする日までに使用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、町長が必要があると認めるときは、この限りでない。

(使用の許可)

第4条 条例第4条第1項の許可の通知は、町長が文章又は口頭でこれを行う。

(使用許可の変更)

第5条 条例第4条第1項の許可を受けた者が当該許可に係る事項を変更しようとするときは、その変更の内容を町長に報告し、その指示に従わなければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第7条に規定する使用料の減額又は免除は次のとおりとする。

(1) 町及び公共的団体が実施する生産技術の体験・交流事業

(2) その他町長が必要と認める場合

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、あらかじめ使用料減免申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

(使用者の遵守すべき事項)

第7条 使用者は次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火災、盗難の発生防止には充分に注意し、各自が責任ある行動をとること。

(2) 伝染病患者、酩酊者及び火薬、凶器等の危険物を携帯し、又は犬その他の動物(盲導犬を除く。)を伴う者、その他施設内の秩序、風俗を乱すおそれがあると認められる者は施設内へ入館することができない。

(3) その他管理人の指示に従うこと。

(損壊等の届け出)

第8条 施設又は設備を損壊し、又は滅失したときは、施設等破損届(様式第3号)により直ちに町長に届け出て、その指示に従わなければならない。

第9条 条例第11条の規定に基づき施設を管理委託した場合は、条文中町長とあるのを管理者と読み替えるものとする。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

宇賀交流施設管理運営規則

平成12年3月30日 規則第16号

(平成12年4月1日施行)