○西ノ島町体験交流滞在施設管理運営規則

平成21年3月31日

規則第8号

(使用期間)

第2条 西ノ島町体験交流滞在施設(以下「施設」という。)の使用期間は、原則として1年以内とする。ただし、町長が適当と認めた場合はこの限りでない。

(使用者の範囲)

第3条 この施設を使用できる者は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 西ノ島町への移住を強く希望する者

(2) 西ノ島町以外から西ノ島町内の企業等に就職が決定している者で住宅確保が困難な者

2 前項の規定にかかわらず町長が適当と認めた場合はこの限りでない。

(使用許可の申請)

第4条 条例第3条の規定により使用の許可を受けようとする者は、西ノ島町体験交流滞在施設使用申請書(様式第1号)を町長に提出し、町長の許可を受けなければならない。

2 前項の規定による申請は、使用を開始する日の2週間前までとする。ただし、町長がやむを得ないと認めるときは、この限りでない。

(使用許可書)

第5条 町長は、施設の使用を許可したときは、西ノ島町体験交流滞在施設使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(使用料の納付)

第6条 使用料は、使用期間の開始日から施設を明け渡した日まで徴収する。

2 使用料は、毎月末日(月の途中で明け渡した場合は明け渡した日)までにその月分を納付しなければならない。

3 施設の使用期間が1月に満たない月の使用料は日割計算による。その場合、算出した合計額に1円未満の端数が生じた場合は切り捨てるものとする。

(使用者の費用負担義務)

第7条 次の各号に掲げる費用は、使用者の負担とする。

(1) 電気、ガス、水道及び下水道等個人の契約により生じた基本料金及び使用料金

(2) 汚物、塵芥の処理に要する費用

(3) 給排水施設の維持に要する費用

(4) 軽微な修理及び取り替えに要する費用

(5) 付帯施設の構造上重要でない部分の修繕に要する費用

(6) 施設内の害虫の駆除に要する費用

(7) 施設内の汚水管(便器を含む)、雑排水管(浴室並びに台所等)の清掃に要する費用

2 前項に規定する以外の費用については、町の負担とする。ただし、使用者の責に帰すべき事由によって前項に掲げる費用が生じたときは、使用者は、町長の指示に従い修繕し、その費用を負担しなければならない。

(使用者の管理義務)

第8条 使用者は、施設の使用について必要な注意を払い、正常な状態において維持しなければならない。

2 使用者は、施設を引き続き15日以上使用しないときは、町長に届出をしなければならない。

(使用変更の届出)

第9条 使用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、10日以内に西ノ島町体験交流滞在施設使用変更届(様式第3号)を提出し、町長の承認を受けなければならない。

(1) 使用者に変更が生じたとき

(2) 使用者の氏名が変更になったとき

(3) 連帯保証人の氏名又は住所が変更になったとき

(使用後の点検)

第10条 使用者は、施設を明け渡そうとするときは、明け渡そうとする日の10日前までに町長の指定する者の点検を受けなければならない。

(指定管理者による管理)

第12条 条例第12条の規定に基づき指定管理者に管理を行わせたときは、第2条から第5条第7条第8条から第10条中「町長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

西ノ島町体験交流滞在施設管理運営規則

平成21年3月31日 規則第8号

(平成21年4月1日施行)