○西ノ島町妊婦等宿泊施設利用助成要綱

平成19年9月28日

要綱第23号

(目的)

第1条 この要綱は、本町在住の妊婦でレインボープラザに設置した離島等患者宿泊施設又はその他の宿泊施設(以下「妊婦等宿泊施設」という。)を利用する者に対し、その利用料金の一部を助成することにより、妊婦の経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(助成の対象者)

第2条 助成の対象となる者は、西ノ島町に住所を有する妊婦で、島外の医療機関において出産するために妊婦等宿泊施設を利用する者とする。ただし、次の各号に該当する場合は、対象外とする。

(1) 本町に居住の実態がない場合

(2) 生活保護を受けている場合

(3) その他町長が不適当と認めた場合

(助成金の金額)

第3条 助成金の金額は、それぞれ次に掲げるとおりとする。

(1) レインボープラザ 1人1泊につき2,000円

(2) その他の宿泊施設 1人1泊につき3,000円

(助成金の申請)

第4条 この助成を受けようとする者は、西ノ島町妊婦等宿泊施設利用助成申請書(様式第1号)により町長に申請しなければならない。

(助成の決定等)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、申請に係る書類の内容を速やかに審査しなければならない。

2 町長は、前項の審査の結果、助成を行うことが適当と認められる場合は、申請者に西ノ島町妊婦等宿泊施設利用助成決定通知書(様式第2号)(以下、「助成決定通知書」という。)を交付する。

3 町長は、第1項の審査の結果、申請が認められない場合は、申請者に西ノ島町妊婦等宿泊施設利用助成却下通知書(様式第3号)により却下の通知を行うものとする。

(助成金の支払等)

第6条 町長は、助成決定通知書の交付を受けた者に当該助成金を支払うものとする。ただし、妊婦等宿泊施設が、直接町に請求する場合は、町長は妊婦等宿泊施設に対し、当該助成金を支払うことができる。

2 町長は、前項の規定により、妊婦等宿泊施設より適法な支払請求書を受理したときは、30日以内に当該助成金を妊婦等宿泊施設に支払わなければならない。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成23年9月30日要綱第7号)

この要綱は、平成23年10月1日から施行する。

附 則(平成24年7月25日要綱第10号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成26年2月28日要綱第3号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成26年2月1日から適用する。

画像

画像

画像

西ノ島町妊婦等宿泊施設利用助成要綱

平成19年9月28日 要綱第23号

(平成26年2月28日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年9月28日 要綱第23号
平成23年9月30日 要綱第7号
平成24年7月25日 要綱第10号
平成26年2月28日 要綱第3号