○西ノ島町訪問指導事業実施要綱

昭和61年4月1日

要綱第3号

(目的)

第1条 この事業は、在宅ねたきり状態の者、又はそれに準ずる者等の家庭を訪問し、その家庭に対し看護方法等の指導を行うとともに、当該者に対し必要かつ適切な療養方法、機能訓練方法の指導等を行い、ねたきり者の保健衛生と福祉の向上を図ることを目的とする。

(訪問対象者)

第2条 訪問の対象者(以下「対象者」という。)は、概ね40歳以上の在宅ねたきり、又はねたきりになるおそれのある者で、その家族に対し看護方法等の指導を行う必要があり、かつ当該者に対し療養方法、機能訓練方法の指導等を行う必要があると認められる者とする。

(訪問保健婦及び看護婦)

第3条 訪問指導を実施する者は、原則として保健婦及び看護婦とする。

(対象者の選定)

第4条 町長は対象者を把握したときは、保健婦又は看護婦に訪問させ、次に掲げる事項を調査するものとする。

(1) 訪問指導の必要度

(2) 必要とする指導の内容

(3) 必要とする訪問回数、期間

(4) 訪問指導希望の有無、及び受入条件

(5) ねたきり等の状況、既往病歴、現病歴(受療状況を含む。)、生活環境、栄養状態、一般状態の観察事項

(6) 世帯の所得の状況

(7) その他必要な事項

2 町長は前項の調査内容を審査し、訪問の優先度を考慮のうえ、主治医があるときは主治医と協議して、訪問指導を実施する対象者(以下「実施対象者」という。)を選定するものとする。

(訪問指導の実施)

第5条 町長は、前条により実施対象者を選定したときは、保健婦又は看護婦に当該対象者の訪問指導を実施させるものとする。

2 訪問保健婦及び看護婦は、訪問前にあらかじめ調査結果を勘案のうえ訪問指導計画をたて、適切な指導を実施するものとする。

3 訪問指導を行うにあたって、実施対象者に主治医があるときは、その指示を受けて実施するものとする。

(訪問指導の内容)

第6条 訪問指導の内容は、次のとおりとする。

(1) 看護方法に関する指導 清拭・体位交換・拘縮予防・じょくそうの予防等に関する指導

(2) 療養方法に関する指導 食事・栄養の指導・生活指導等

(3) 機能回復訓練方法に関する指導

(4) 諸制度の活用方法に関する指導

(5) その他の指導

(訪問指導の回数)

第7条 実施対象者に対する訪問指導は、当該対象者の病状等を鑑定のうえ、概ね月2回程度を標準として行うものとする。

(関係機関等との連携)

第8条 この事業の実施にあたっては、保健所、医療機関、家庭奉仕員、民生委員等と緊密な連携を図るものとする。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

この要綱は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成6年要綱第23号)

この要綱は、公布の日から施行する。

〔訪問選定基準〕

ねたきり者、及びこれに準ずる者とは、床上生活を主とし、以下のいずれかの条件を有する者

1 日常生活能力に支障があり、適切な看護の知識、技能指導が必要な者

1) 食事、衣服の着脱、入浴、排せつ、清潔の日常生活動作能力の低い者

2) 療養生活環境が十分に整備できていない者

2 心身に障害があり、看護指導、及び機能回復訓練が必要な者

1) じょく創のある者、又は出来るおそれのある者

2) 拘縮、麻ひのある者

3) 失禁のある者

4) 痴呆、又は異常行動のある者

5) 身体的苦痛を著しく訴える者

6) 療養生活が適正に行われていない者

3 介護力に問題があり、有効な看護方法の指導、又は社会資源、福祉制度の活用を図る必要のある者

1) 介護者が病弱、高齢で十分な看護が出来ない者

2) 介護者が時間的、経済的に十分な看護が出来ない者

4 その他、町長、看護婦、保健婦が必要と認めた者

西ノ島町訪問指導事業実施要綱

昭和61年4月1日 要綱第3号

(平成6年10月20日施行)