○西ノ島町新型インフルエンザワクチン接種助成事業実施要綱

平成21年11月10日

要綱第11号

(趣旨)

第1条 この要綱は、新型インフルエンザワクチン接種(以下「ワクチン接種」という。)に係る低所得世帯の負担軽減について必要な事項を定めるものとする。

(助成の対象者)

第2条 この要綱によるワクチン接種費用の助成を受けることができる者は、本町に住民登録をしている者で、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 生活保護世帯に属する者

(2) 市町村民税非課税世帯に属する者

(助成の額)

第3条 助成金の額はワクチン接種に係る実費負担の全額とする。

(助成の方法)

第4条 助成対象者は、国とワクチン接種に係る業務の委託契約を締結した町内の医療機関で接種を受けた場合、医療機関は実費負担を徴収しないことで助成を行ったものとみなす。

(償還払い)

第5条 助成対象者がワクチン接種料金を自己負担により町内の医療機関に支払いワクチン接種を受けた場合、又は、町外の医療機関でワクチン接種を受け自己負担額を支払った場合は、新型インフルエンザワクチン接種費用償還払い申請書兼請求書(様式第1号)にワクチン接種済証及び領収書を添付して町長に申請する。

2 町長は前項の規定による申請があった場合、当該申請内容を審査のうえ、助成することが適当と認めたときは、助成金を給付するものとする。

(請求及び支払い)

第6条 第4条に規定する医療機関は、新型インフルエンザワクチン接種費用助成金受給資格対象者連名簿(様式第2号)及び新型インフルエンザワクチン接種費用助成対象者用請求書(様式第3号)により町長に助成金の請求を行うものとする。

2 町長は、前項の請求があったときは、内容を審査のうえ、当該医療機関に助成金を支払うものとする。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年要綱第1号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成22年1月15日から適用する。

附 則(平成22年10月1日要綱第15号)

この要綱は、平成22年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

西ノ島町新型インフルエンザワクチン接種助成事業実施要綱

平成21年11月10日 要綱第11号

(平成22年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成21年11月10日 要綱第11号
平成22年 要綱第1号
平成22年10月1日 要綱第15号