○西ノ島町生ごみ処理機器購入経費補助金交付要綱

平成15年3月31日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、生ごみ処理機器(以下「機器」という。)の購入者に対し、その購入費の一部を補助することについて必要な事項を定めることにより、ごみの資源化・減量化を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「機器」とは、生ごみを分解、減量、及び肥料化させるものをいう。

(補助の対象)

第3条 補助金の交付を受けることができる者は、町内に住所を有し現に居住している者で、機器を購入した者とする。

補助の対象となる機器の個数は、1世帯につき1台までとする。ただし、補助金の交付を受けて3年を経過したものが当該補助金に係る機器の買い替えをしようとする場合は、この限りではない。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、町内の販売店で購入した場合は、機器1台につき購入価格に2分の1を乗じて得た額で、2万円を限度とし、町外の販売店で購入した場合は、機器1台につき購入価格に3分の1を乗じて得た額で、1万円を限度とする。ただし、百円未満の端数が生じた場合はこれを切り捨てるものとする。

2 補助金は、予算の範囲内で交付する。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、次に掲げる書類を町長に提出しなければならない。

(1) 補助金交付申請書(様式第1号)

(2) 機器の購入を証明する書類

(補助金の交付決定通知)

第6条 町長は、前条の規定による補助金の申請があったときは、当該申請に係る書類を審査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、補助金交付決定通知書(様式第2号)により当該申請者に通知する。

(申請者の責務)

第7条 申請者は、補助金の交付決定に基づき、機器の設置が完了したときは、速やかに機器設置完了届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付)

第8条 町長は、前条の設置完了届の提出があったときは、書類の審査又は実地調査等により、機器の設置を確認した後、補助金を交付する。

(補助金の返還)

第9条 町長は、虚偽の申請その他不正な手段により、補助金の交付を受けた者があると認めるときは、当該補助金を返還させることができる。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成25年2月22日要綱第1号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

西ノ島町生ごみ処理機器購入経費補助金交付要綱

平成15年3月31日 要綱第5号

(平成25年4月1日施行)