○西ノ島町生活排水処理施設の設置及び管理に関する条例

平成15年3月31日

条例第2号

西ノ島町漁業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例(平成13年西ノ島町条例第29号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、西ノ島町生活排水処理施設(以下「施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 地域の公衆衛生及び生活環境の向上を図るため、次の各号に掲げる事業により施設を設置する。

(1) 漁業集落排水事業

(2) 個別排水処理施設整備事業

(3) 浄化槽市町村整備推進事業

(施設の名称)

第3条 施設の名称、位置及び区域は、別表1に掲げるとおりとする。

(用語の定義)

第4条 この条例において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 各事業 第2条に掲げる事業をいう。

(2) 汚水 生活又は事業に起因するし尿、雑排水をいう。

(3) 施設 各事業により施工し、汚水を排水するために設けられた排水管、その他の排水施設及びこれに接続して汚水を処理するために設けられた施設で、町が管理するものをいう。

(4) 使用者 汚水を施設に排水してこれを使用するものをいう。

(5) 排水設備 汚水を施設に流入させるために必要な排水管その他の排水施設で、使用者が管理するものをいう。

(代理人の選定)

第5条 町長は、使用者で町内に住所を有しない者、又は居住しない者に対し、この条例に規定する事項を処理させるために町内に住所を有する者(法人にあっては、その主たる事務所)又は居住する者のうちから代理人を選定し、届け出させなければならない。

(排水設備への改善義務)

第6条 使用者は、し尿を施設に流入させるときは、水洗によってこれをしなければならない。

2 処理区域内の使用者は、施設の工事完了後速やかに排水設備に改善するように努めなければならない。

(排水設備計画の承認)

第7条 排水設備の新設、改造又は撤去(以下「新設等」という。)をしようとする者は、あらかじめその計画を規則の定めるところにより、申請書に必要書類を添付し、町長に届け出て承認を受けなければならない。

2 前項の申請者は、同項の申請書及びこれに添付した書類に記載した事項を変更しようとするときは、あらかじめその変更について書面により届け出て、町長の承認を受けなければならない。

(排水設備工事の実施方法)

第8条 排水設備の新設等をしようとする者は、施設の機能を妨げ、又は損傷するおそれのない工事の実施方法で行わなければならない。

(排水設備工事の検査)

第9条 排水設備の新設等を行った者は、その工事の完了後速やかに町長に届け出て検査を受けなければならない。

(排水設備工事の実施)

第10条 排水設備の新設等の工事は、排水設備指定工事業者(町長が排水設備の工事について技能を有する者として指定した業者。以下「指定業者」という。)でなければ行うことができない。

(施設の使用開始等の届出)

第11条 使用者は、次の各号の一に該当するときは、あらかじめ町長に届け出なければならない。

(1) 施設の使用を開始又は再開するとき。

(2) 施設の使用を休止又は廃止するとき。

2 使用者は、次の各号に該当するときは、速やかに町長に届け出なければならない。

(1) 使用者の氏名、又は住所に変更があったとき。

(2) 代理人に変更があったとき、又は代理人の住所に変更があったとき。

(使用者の管理義務)

第12条 使用者は、排水設備を善良に管理し、施設の機能に障害を与えないように努めなければならない。

(使用料)

第13条 使用者は、西ノ島町生活排水処理施設使用料(以下「使用料」という。)を規則の定めるところにより納めなければならない。

2 使用料は2ヶ月ごとの使用期間において使用者が排出した汚水の量に応じて算定する。

3 使用者が排出した汚水の量の算定は、西ノ島町簡易水道事業給水条例(昭和33年西ノ島町条例第14号)の規定により、計量又は認定された給水量とする。

4 使用料の額は別表2に掲げる基本料金と超過料金との合算額とする。

(指定管理者による管理)

第14条 施設の管理は、法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第15条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の維持管理に関する業務

(2) その他町長が必要と認める業務

(委任)

第16条 この条例の施行に関し、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に、西ノ島町漁業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例(平成13年西ノ島町条例第29号)の規定によりされた手続、許可等の処分その他の行為は、この条例に基づいてなされたものとみなす。

附 則(平成15年条例第17号)

この条例は、公布の日から施行し、平成15年4月1日から適用する。

附 則(平成17年条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月21日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月29日条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月18日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の西ノ島町生活排水処理施設の設置及び管理に関する条例別表2の規定は、平成26年度第2期分として徴収する料金から適用する。

別表1(第3条関係)

施設の名称

位置

区域

美田地区集落排水処理施設

隠岐郡西ノ島町大字美田

市部地区

大津地区

小向地区

船越地区

浦郷地区集落排水処理施設

隠岐郡西ノ島町大字浦郷

浦郷地区

赤ノ江地区

個別排水処理施設

隠岐郡西ノ島町大字浦郷・美田・別府・宇賀

漁業集落排水・特定環境保全公共下水道施設の実施及び計画区域外を対象

浄化槽市町村整備推進施設

別表2(第13条関係)

基本水量

使用料(2ヶ月につき)

料金

超過水量

超過料金1m3につき

m3

m3

8

1,234

9~20

185

21~40

205

41~60

227

61以上

247

西ノ島町生活排水処理施設の設置及び管理に関する条例

平成15年3月31日 条例第2号

(平成26年4月1日施行)