○西ノ島町生活排水処理施設事業分担金に関する条例

平成15年3月31日

条例第3号

西ノ島町漁業集落排水事業分担金に関する条例(平成13年西ノ島町条例第30号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、西ノ島町が行う生活排水処理施設に関わる事業(以下「各事業」という。)に要する費用の一部に充てるため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条の規定に基づき、受益者より徴収する分担金について必要な事項を定めるものとする。

(各事業)

第2条 前条に規定する各事業は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 漁業集落排水事業

(2) 個別排水処理施設整備事業

(3) 浄化槽市町村整備推進事業

(受益者)

第3条 この条例において「受益者」とは事業に加入する者をいう。

(分担金の額)

第4条 分担金の額は次表のとおりとする。

区分

金額

一般家庭及び事業所等

200,000円

集合住宅

200,000円+(50,000円×世帯数)

(分担金の徴収)

第5条 分担金は、納入通知書により納付期限を付して徴収するものとする。

2 分担金は、分割して納付することができる。

(減免及び猶予)

第6条 町長は、天災その他特別な事情により受益者にとって分担金の納入が著しく困難であると認めたときは、分担金を減額し、又は徴収の猶予をすることができる。

(委任)

第7条 この条例で定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に、西ノ島町漁業集落排水事業分担金に関する条例(平成13年西ノ島町条例第30号)の規定によりされた行為は、この条例に基づいてなされたものとみなす。

附 則(平成15年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行し、平成15年4月1日から適用する。

附 則(平成23年9月16日条例第17号)

この条例は、公布の日から施行する。

西ノ島町生活排水処理施設事業分担金に関する条例

平成15年3月31日 条例第3号

(平成23年9月16日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成15年3月31日 条例第3号
平成15年 条例第18号
平成23年9月16日 条例第17号