○西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣事業実施要綱

平成28年3月29日

要綱第4号

(目的)

第1条 この要綱は、母親が産前産後の体調不良等のため、家事を行うことが困難な家庭に家事の援助を行う家事支援ヘルパー(以下「ヘルパー」という。)を派遣し、家事の一部を援助することにより、子育てを支援することを目的とする。

(実施主体等)

第2条 西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣事業(以下「派遣事業」という。)の実施主体は西ノ島町とし、ヘルパーの派遣については、町長が適当と認める者(以下「派遣事業者」という。)に委託して実施する。

(対象者)

第3条 派遣事業の利用の対象となる者は、町内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 妊娠中で体調不良等のため家事が困難で日中家族等の援助がない者

(2) 出産後3箇月以内で体調不良等のため家事が困難で日中家族等の援助がない者

(3) その他町長が特に必要と認める者

(派遣事業の内容)

第4条 派遣事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 食事の準備及び後片づけ

(2) 衣類の洗濯

(3) 住居等の掃除及び整理整頓

(4) 生活必需品の買い物

(5) その他町長が必要と認める家事援助

(派遣の申請)

第5条 派遣事業の利用を希望する者(以下「申請者」という。)は、西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣利用申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を、派遣を希望する7日前までに町長に提出するものとする。ただし、緊急を要すると町長が認めた場合は、この限りでない。

(決定及び通知)

第6条 町長は、前条の規定よる申請を受けたときは、その内容を審査し、西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(派遣の取消し)

第7条 町長は、申請者が次の各号のいずれかに該当する場合は、ヘルパーの派遣を取り消すことができる。

(1) 第3条の規定する要件に該当しなくなったとき。

(2) 偽りその他不正な行為により利用の決定を受けたとき。

(3) サービスを行うに当たり支障があると町長が認めたとき。

2 町長は、前項の規定によりヘルパーの派遣の取消しを決定したときは、西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣取消決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(利用回数及び時間)

第8条 派遣事業は、午前8時から午後5時45分まで利用することができる。

2 ヘルパーの派遣の決定の受けた者(以下「利用者」という。)がサービスを利用することができる回数は、産前20回、産後20回を限度とする。

3 1日に利用できる回数は2回までとし、1回の利用時間を2時間以内とする。また2回を連続して4時間以内の利用ができるものとする。

(利用者の負担)

第9条 利用者は、利用料を派遣事業者に支払わなければならない。

2 利用料は、30分あたり250円とする。ただし、30分未満の端数に関しては、30分とみなすものとする。

(実績報告)

第10条 派遣事業者は、毎月の派遣事業の利用実績について、その月の翌月10日までに町長に報告しなければならない。

(守秘義務)

第11条 派遣事業者及びヘルパーは、派遣事業を実施するに当たり、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

西ノ島町産前・産後家事支援ヘルパー派遣事業実施要綱

平成28年3月29日 要綱第4号

(平成28年4月1日施行)