○小浜市プロジエクトチーム設置および運営規程

昭和50年4月1日

訓令第4号

(設置)

第1条 市長は、2以上の課に関係する重要施策について、急施を要する調査研究、計画策定等に係る業務を迅速かつ効率的に処理させるため、特に必要があると認めるときは、プロジエクトチームを設置するものとする。

(設置要綱の制定)

第2条 市長は、プロジエクトチームの設置にあたつては、そのつど次に掲げる事項を内容としたプロジエクトチーム設置要綱を定めるものとする。

(1) 設置の目的

(2) 名称

(3) 具体的任務

(4) 構成人員

(5) 設置期間

(6) 成果の報告

(7) 協力すべき課

(8) 庶務を担当する課

(構成員)

第3条 プロジエクトチームの構成員(以下「構成員」という。)は、市職員のうちから市長が任命する。

2 構成員は、現所属を異動することなく命を受けた期間当該プロジエクトチームの所掌する業務に従事するものとする。

3 プロジエクトチームにリーダーおよびサブリーダーを置く。

4 リーダーおよびサブリーダーは、構成員のうちから市長が任命する。

5 リーダーは、プロジエクトチームの事務を総括する。

6 サブリーダーは、担当事項を処理し、構成員を指揮監督する。

(庶務担当課)

第4条 プロジエクトチームの庶務を担当する課(以下「庶務担当課」という。)は、当該プロジエクトチームの所掌する業務に最も関係のある課があたるものとする。

(予算の執行)

第5条 プロジエクトチームが所掌する業務に要する予算は、庶務担当課の長が関係課の長と協議のうえ執行するものとする。

(関係課の協力)

第6条 プロジエクトチームに関係する課の長は、プロジエクトチームの運営に積極的に協力しなければならない。

(解散)

第7条 市長は、プロジエクトチームが次の各号のいずれかに該当するにいたつたときは、当該プロジエクトチームの解散を命ずるものとする。

(1) プロジエクトチームの任務が完了したとき。

(2) その他プロジエクトチームを存続させる必要がなくなつたとき。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、プロジエクトチームの運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年4月1日訓令第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

小浜市プロジエクトチーム設置および運営規程

昭和50年4月1日 訓令第4号

(昭和57年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和50年4月1日 訓令第4号
昭和57年4月1日 訓令第1号