○小浜市庁用自動車管理規程

昭和47年6月1日

訓令第14号

(目的)

第1条 この規程は、庁用自動車の適正な管理を行い事故を防止するとともに、あわせて庁用自動車の運行について効果的な使用を図るため必要な事項を定めることを目的とする。

(庁用自動車)

第2条 この規程において「庁用自動車」(以下「自動車」という。)とは、市の所有に属する自動車で道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)第2条第2項に定める自動車をいう。

(管理)

第3条 自動車は、財政課でこれを管理する。

2 財政課に自動車登録台帳(様式第1号)を備え、必要な事項を記録させる。

3 財政課長は、常に善良な管理者の注意をもつてその所管にかかる自動車を管理しなければならない。

(整備管理者および安全運転管理者)

第4条 財政課に法第50条の規定による整備管理者および道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の2の規定による安全運転管理者を置く。

2 整備管理者は、財政課長の指揮監督を受けてその管轄する自動車の整備状態および車庫の状態を常に把握し、自動車を安全かつ円滑に運行するよう努めるとともに、次の各号に掲げる事項を処理しなければならない。

(1) 自動車の状態を常に把握するとともに整備計画を樹てこれを実施すること。

(2) 法第47条に規定する運転者のなすべき運行前点検を実施し、または運転者の実施を確認すること。

(3) 自動車の仕業の可否を定め、ならびにその使用方法の指定または運行距離もしくは運行経路を制限すること。

(4) 法第49条に定める定期点検整備記録簿を管理すること。

(5) 前各号に掲げる事項を処理するため運転者を包括的に指導監督すること。

3 安全運転管理者の処理すべき事項の範囲は、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の13に定めるところによる。

(自動車使用の原則)

第5条 自動車は、公務に使用する場合のほか、これを使用することができない。

(自動車使用承認願)

第6条 自動車の使用を必要とするときは、使用する日の前日までに自動車使用承認簿(様式第2号)に使用日時、用件、行先、同乗者の氏名を記載して財政課に提出し、整備管理者の点検確認および財政課長の承認を受けなければならない。ただし、急を要するときは、当日その手続きをして使用することができる。

2 自動車使用の手続きをした後、その時間または行程を変更しようとするときは、直ちに財政課長に連絡してその承認を得なければならない。

3 自動車の使用が他の市町村の区域にわたるときは、管外自動車使用伺(様式第3号)により、承認を受けなければならない。

(自動車の使用時間)

第7条 自動車の使用は、原則として勤務時間内とする。ただし、特に必要がある場合は、あらかじめ財政課長の承認を得て勤務時間外においてもこれを使用することができる。

(運転者の遵守事項)

第8条 運転者は、整備管理者および安全運転管理者の指示に従い、道路交通関係法規を遵守し、完全な運転について細心の注意をはらわなければならない。

2 運転者は、自動車使用承認簿に基づくもののほか自動車を運転してはならない。

3 運転者は、運行前に必ず自動車の点検を実施し、その結果を運行前点検簿(様式第4号)に記録するとともに、異状があるときは整備管理者にその旨を連絡して指示を受けなければならない。

4 運転者は、自動車に異状があることを知りながら運転してはならない。

5 運転者は、帰庁後直ちに自動車運行簿(様式第5号)に記録し、財政課長に提出しなければならない。

6 運転者は、常に自動車を良好な状態で保全するよう努めなければならない。

7 運転者は、自動車を使用する用務が終了したときは、当該自動車を清掃して車庫に格納しなければならない。

(専用、共用の区分)

第9条 自動車は、これを専用自動車(以下「専用車」という。)と共用自動車(以下「共用車」という。)の2種に区分する。

2 専用車とは、当該業務の主管課に専属して使用する自動車をいう。

3 共用車とは、専用車以外の自動車で財政課所管の自動車をいう。

4 新たに自動車を取得し、これを専用車として使用する場合は、市長の承認を得なければならない。

5 専用車は、当該専用車を使用する主管課長の承認を得て一時これを他に使用することができる。

6 専用車を使用する主管課長は、その使用する専用車の用途を廃止したときは、財政課長に通知するとともに当該自動車を財政課長に引継がなければならない。

7 第6条第7条および前条第5項中「財政課長」とあるのは、「専用車を使用する主管課長」と読み替えてこれを適用する。

(燃料)

第10条 自動車の燃料は、財政課長の指定する給油所において補給する。

2 運転者は、燃料の補給を受けるときは、財政課長の指定した給油所が発行する給油伝票に、給油内容を確認の上署名しなければならない。

3 出張の途中においてやむを得ない理由により燃料を補給したときは、帰庁後その旨を報告し、直ちに所定の手続きをしなければならない。

(修理)

第11条 自動車の修理を必要とするときは、安全運転管理者の点検または認定を受け、自動車修理伺(様式第6号)を財政課長に提出しなければならない。

2 前項の修理が軽微であり、かつ、急施を要するものであるときは、運転者において修理の措置をとり、遅滞なく所定の手続きをしなければならない。

3 自動車の修理が完了したときは、財政課長は、安全運転管理者とともにこれを確認しなければならない。

(定期点検の実施)

第12条 財政課長は、毎週定期点検日を定め、自動車の点検を実施しなければならない。

2 専用車を使用する主管課長は、前項の点検に立ち会うものとする。

(事故処理)

第13条 運転の途中において人身事故が発生し、もしくは自動車を損傷したときは、直ちに上司に報告し、その指示を受けなければならない。

2 前項の場合において、被害を受けた相手方との示談交渉等には、当該自動車の運行を必要とした主管課長があたるものとし、保険金請求等の事務は財政課長があたるものとする。

(災害時における優先使用)

第14条 自動車は、災害が発生し、または発生するおそれがあり災害対策本部においてこれを必要とするときは、優先使用するものとする。

(補則)

第15条 原動機付自転車は、この規程に準じてこれを管理する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年9月1日訓令第2号)

この規程は、公布の日から施行する

附 則(平成18年4月19日訓令第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令第10号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市庁用自動車管理規程

昭和47年6月1日 訓令第14号

(平成19年4月1日施行)