○小浜市ボランティア・市民活動交流センターの設置および管理に関する条例

平成16年3月31日

条例第4号

(設置)

第1条 ボランティア活動をはじめとする市民活動の健全な発展と交流の促進を図るため、小浜市ボランティア・市民活動交流センター(以下「交流センター」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この条例において「市民活動」とは、営利を目的とせず、自主的に行う公益的な活動であって、次の各号のいずれにも該当しないものをいう。

(1) 宗教の教義を広め、儀式行事を行い、および信者を教化育成することを目的とする活動

(2) 政治上の主義を推進し、支持し、またはこれに反対することを目的とする活動

(3) 特定の公職(公職選挙法(昭和25年法律第100号)第3条に規定する公職をいう。以下同じ。)の候補者(当該候補者になろうとする者を含む。)もしくは公職にある者または政党を推薦し、支持し、またはこれらに反対することを目的とする活動

(4) 公益を害する行為をするおそれのあるものの活動

(位置)

第3条 交流センターの位置は、次のとおりとする。

小浜市大手町5番31号

(職員)

第4条 交流センターに必要な職員を置く。

(事業)

第5条 交流センターは、次に掲げる事業を行うものとする。

(1) 市民活動の促進に関すること。

(2) 市民活動を行う団体に関すること。

(3) その他市民活動に関すること。

(使用者)

第6条 交流センターを使用することができるものは、主として市内において市民活動を行う団体で市に登録されたもの(以下「登録団体」という。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、適当と認めるときは、登録団体以外のものに交流センターを使用させることができる。

3 第1項の登録に関する手続は、規則で定める。

(使用許可)

第7条 交流センターを使用しようとするものは、あらかじめ市長の許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

2 市長は、特に必要があると認めるときは、交流センターを長期に継続して使用しようとする登録団体に対して、使用する期間を1年以内とする許可をすることができる。

3 市長は、使用許可に際し、交流センターの管理運営上必要な条件を付することができる。

(使用の制限)

第8条 市長は、使用許可の申請が次の各号のいずれかに該当するときは、交流センターの使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序を乱し、または善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設、附属設備、器具等を損壊し、汚損し、または滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 営利を目的として使用すると認められるとき。

(4) 管理運営上支障があると認められるとき。

(5) その他市長が不適当であると認めるとき。

(目的外使用、権利譲渡等の禁止)

第9条 使用許可を受けたもの(以下「使用団体」という。)は、使用許可を受けた目的以外に交流センターを使用し、またはその権利を譲渡し、もしくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第10条 市長は、使用団体が、次の各号のいずれかに該当するときは、使用許可を取り消し、使用を中止させ、または使用の条件を新たに付し、もしくはこれを変更することができる。

(1) 法令またはこの条例もしくはこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) 虚偽その他不正の手段により使用許可を受けたとき。

(4) その他管理運営上やむを得ない理由により特に必要があると認めたとき。

2 前項の規定により使用許可を取り消し、使用を中止させ、または使用の条件を新たに付し、もしくはこれを変更した場合において、使用団体に損害が生じても、市は、その賠償の責めを負わない。

(使用団体の義務)

第11条 使用団体は、市長が指示した事項を遵守し、善良なる管理者の注意をもって交流センターを使用しなければならない。

(使用料)

第12条 交流センターの使用料は、無料とする。

(特別な設備等の許可)

第13条 使用団体は、特別な設備、器具等(以下「特別な設備等」という。)を設置し、または使用する施設の原状を変更しようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けた特別な設備等の設置または施設の原状変更に要する経費については、使用団体の負担とする。

3 第10条の規定は、第1項の許可について準用する。

(原状回復の義務)

第14条 使用団体が交流センターの使用を終えたとき、または使用許可を取り消されたとき、もしくは使用を中止されたときは、市長が認めた場合を除き、直ちに当該施設を原状に回復し、職員の点検を受けなければならない。

2 前条第1項の許可を受けて特別な設備等を設置し、または使用する施設の原状を変更した場合においては、前項の規定を準用する。

3 使用団体が前2項に規定する義務を履行しないときは、市長が使用団体に代わってこれを執行し、その費用を使用団体から徴収する。

(損害賠償)

第15条 使用団体は、故意または過失により施設、附属設備、器具等を損壊し、汚損し、または滅失したときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

2 前項の場合において、使用団体は、市長の指示するところにより、損壊し、汚損し、もしくは滅失した施設、附属設備、器具等を原状に回復し、またはその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特にやむを得ない理由があると認めるときは、損害賠償すべき額の全部または一部を免除することができる。

(職員の立入り)

第16条 使用団体は、職員または使用する施設の業務の委託を受けた者もしくは当該業務に従事する者(以下「業務受託者」という。)が管理運営上の必要に応じ、使用中の施設に立ち入ることを拒むことができない。

2 前項の規定により、職員または業務受託者が使用中の施設に立ち入るときは、その身分を示す証明書を携帯し、関係者の請求があったときは、これを提示しなければならない。

(委任)

第17条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年6月1日から施行する。

附 則(平成22年12月22日条例第26号)

この条例は、平成23年1月1日から施行する。

小浜市ボランティア・市民活動交流センターの設置および管理に関する条例

平成16年3月31日 条例第4号

(平成23年1月1日施行)