○小浜市職員に対する子ども手当の支給に関する規則

平成22年4月1日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、小浜市職員(常勤の特別職の職員を含む。)に対する子ども手当の受給資格およびその額についての認定ならびに子ども手当の支給に関する事務(以下「子ども手当の支給事務」という。)の取扱いについて、平成23年度における子ども手当の支給に関する特別措置法(平成23年法律第107号。以下「法」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(支払日)

第2条 子ども手当の支払日は、法第7条第4項に規定する支払期月の21日(支払日が市の休日(小浜市の休日を定める条例(平成元年小浜市条例第37号)第1条第1項に規定する休日をいう。)(以下「休日等」という。)に当たるときは、その日前においてその日に最も近い同条に規定する休日、日曜日または土曜日でない日)とする。

2 法第7条第4項ただし書に規定する子ども手当の支払日は、各月の21日(支払日が休日等に当たるときは、その日前においてその日に最も近い同条に規定する休日、日曜日または土曜日でない日)とする。

(子ども手当受給者台帳の作成および保管)

第3条 市長は、子ども手当の受給資格およびその額について認定したときは、受給者ごとに子ども手当受給者台帳を作成し、保管しなければならない。

(書面の様式)

第4条 子ども手当の支給事務に関し、受給者に対して行う通知は、次に掲げる書面により行うものとし、小浜市子ども手当事務処理規則(平成22年小浜市規則第15号)に定める様式に準じた様式とする。

(1) 子ども手当認定通知書

(2) 子ども手当認定請求却下通知書

(3) 子ども手当額改定認定通知書

(4) 子ども手当額改定認定請求却下通知書

(5) 子ども手当支給事由消滅通知書

(6) 未支払子ども手当支給決定・請求却下通知書

(7) 未支払子ども手当請求却下通知書

(8) 子ども手当支払差止通知書

(雑則)

第5条 この規則に定めるもののほか、子ども手当の支給事務に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月23日規則第8号)

(施行日)

第1条 この規則は、公布の日から施行し、第1条の規定は平成23年4月1日から、第2条の規定は、平成23年10月1日から適用する。

(経過措置)

第2条 第2条による改正後の小浜市職員に対する子ども手当の支給に関する規則の規定にかかわらず、平成23年9月分までの子ども手当の支給にかかるものについては、なお従前の例による。

(法附則第3条および第4条に規定する経過措置に基づく認定の処理)

第3条 市長は、法附則第3条および第4条の規定により、同法第6条第1項の規定による認定の請求があったとみなされる場合については、公簿等により内容を審査し、受給資格があると認めた場合には子ども手当認定通知書を、受給資格がないものと認められた場合には子ども手当認定請求却下通知書を、第4条において準用する小浜市子ども手当事務処理規則様式第1号を用いて、請求者に通知するものとする。

小浜市職員に対する子ども手当の支給に関する規則

平成22年4月1日 規則第16号

(平成24年3月23日施行)