○小浜市区長設置規則

平成22年4月28日

規則第17号

小浜市区長設置規則(昭和35年小浜市規則第2号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 市長は、市行政の円滑な運営と連絡調整を図るため、行政区ごとに区長を置く。

(委嘱)

第2条 区長は、行政区からの内申を得て市長が委嘱する。

2 前項の内申は、予め被内申者の承諾を得て前任区長がこれを行うものとし、異動を生じた場合もまた同様とする。

(職務代理者)

第3条 区長は区長に事故があり、またはその者が欠けた場合においてその職務を代理すべき者を置く。

2 区長に事故があるとき、または欠けたときは、市長は前項の職務を代理すべき者に、臨時に区長の職務を委嘱するものとする。

(任期)

第4条 区長の任期は1年とする。

2 補欠による区長の任期は、前任者の残任期間とする。

3 区長は、任期満了後も後任者が委嘱されるまでの間、その職務を行うものとする。

(委嘱事務)

第5条 区長は、次の各号に掲げる事務を行う。

(1) 広報および広聴に関する事務

(2) 市からの伝達等に関する事務

(3) 市が指定する調査および報告に関する事務

(4) 市長が特に必要と認める事務

(経費)

第6条 市長は前条の事務を処理するために要する費用を、毎年度予算の範囲内で、区長に交付金として交付するものとする。

2 前項の交付金は年額とし、平均割のほか当該区域内の世帯数、人口数および地域差を基準にしてこれを算定し、前期と後期の年2回に分割して交付する。ただし、算定基準日は当該年度の10月1日とする。

(世帯台帳の備付)

第7条 区長は、世帯台帳を備付け常にこれを整理するものとする。

(区長会の組織)

第8条 区長は、必要がある場合は、適当な地域を限つて区長会を組織し、またはこれの連合会を組織することができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成22年5月1日から施行する。

小浜市区長設置規則

平成22年4月28日 規則第17号

(平成22年5月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成22年4月28日 規則第17号