○岡谷市文化会館条例

平成元年3月28日

条例第14号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2の規定に基づき、岡谷市文化会館(以下「文化会館」という。)の設置及びその管理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(平成17条例21・一部改正)

(設置)

第2条 文化の振興と市民福祉の増進を図ることを目的として、文化会館を設置する。

(名称及び位置)

第3条 文化会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

岡谷市文化会館

岡谷市幸町8番1号

(指定管理者による管理)

第4条 文化会館の管理は、法第244条の2第3項の規定により、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)にこれを行わせるものとする。

2 指定管理者は、岡谷市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成16年岡谷市条例第15号)第3条第1項各号のいずれにも該当し、かつ、文化会館の運営を行うために必要な能力を有するものとする。

(平成17条例21・追加)

(指定管理者が行う業務)

第5条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 文化会館の施設及び設備の維持管理に関する業務

(2) 文化会館の使用許可等に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、文化会館の運営に関し市長が必要と認める業務

(平成17条例21・追加)

(使用時間及び休館日)

第6条 文化会館の使用時間及び休館日は、次のとおりとする。

(1) 使用時間 午前9時から午後10時まで

(2) 休館日

 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その翌日)

 休日の翌日

 12月29日から翌年1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て文化会館の使用時間又は休館日を変更し、若しくは臨時的に休館日を定めることができる。

(平成17条例21・追加)

(使用許可)

第7条 文化会館を使用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の使用許可に当たり文化会館の管理運営上必要な条件を付することができる。

(平成17条例21・旧第4条繰下・一部改正)

(使用許可の禁止)

第8条 次の各号の一に該当するときは、指定管理者は文化会館の使用を許可することができない。

(1) 公益若しくは公安を害し、又は風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 建物及び附属設備等をき損するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理運営上支障があると認められるとき。

(平成17条例21・旧第5条繰下・一部改正)

(使用制限)

第9条 指定管理者は、使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号の一に該当するときは、その使用条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は使用の許可を取り消すことができる。

(1) 使用の目的を変更したとき。

(2) 第7条第2項の条件を履行しないとき。

(3) 前条各号の規定に該当したとき。

(4) 第13条の規定に違反したとき。

2 前項の規定により、使用条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は使用の許可を取り消したことにより生じた損害に対しては、指定管理者は責を負わない。

(平成17条例21・旧第6条繰下・一部改正)

(使用料の納付)

第10条 使用者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

2 使用料は、第7条に規定する使用の許可を受けたときに納付しなければならない。ただし、指定管理者が認めたときは、使用の際又は使用後に納付することができる。

(平成17条例21・旧第7条繰下・一部改正)

(使用料の減免)

第11条 市長は、公共の利益を目的とするもので、特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(平成17条例21・旧第8条繰下)

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号の一に該当し、かつ、市長が特に必要があると認めるときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責によらない事由により使用することができなくなったとき。

(2) 使用者が、規則で定める日までにその使用許可の取り消しを申し出たとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、特別の事由があるとき。

(平成17条例21・旧第9条繰下)

(使用権の譲渡等の禁止)

第13条 使用者は、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(平成17条例21・旧第10条繰下)

(原状回復の義務)

第14条 使用者は、文化会館の使用を終ったとき又は使用を停止させられたとき若しくは使用を取り消されたときは直ちに設備を原状に復さなければならない。

(平成17条例21・旧第11条繰下)

(損害賠償)

第15条 使用者又は入館者は、自己の責に帰すべき事由により建物及び附属設備等をき損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(平成17条例21・旧第12条繰下)

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

(平成17条例21・旧第14条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

(公用開始)

2 文化会館の公用開始の日は、告示で定める。

附 則(平成9年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに使用の許可を受けたもの又は使用料を納付したものの使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成10年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに使用の許可を受けたもの又は使用料を納付したものの使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成17年条例第21号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の岡谷市文化会館条例第4条の規定による使用許可は、この条例による改正後の岡谷市文化会館条例第7条の規定による使用許可とみなす。

附 則(平成23年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(岡谷市文化会館条例の一部改正に伴う経過措置)

2 この条例の施行の際現に第1条の規定による改正前の岡谷市文化会館条例第7条の規定により使用許可を受けた者が施行日以後に使用する使用料については、第1条の規定による改正後の岡谷市文化会館条例別表に規定する使用料を適用する。

附 則(平成25年条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の岡谷市文化会館条例の規定、第2条の規定による改正後の日本童画美術館条例の規定、第3条の規定による改正後の岡谷市イルフプラザ条例の規定、第4条の規定による改正後の岡谷市太鼓道場条例の規定、第5条の規定による改正後の岡谷市公民館条例の規定、第6条の規定による改正後の旧林家住宅条例の規定、第7条の規定による改正後の旧渡辺家住宅条例の規定、第8条の規定による改正後の岡谷市塩嶺野外活動センター条例の規定、第9条の規定による改正後の岡谷市学校体育施設使用料条例の規定、第10条の規定による改正後のおかや総合福祉センター条例の規定、第11条の規定による改正後の岡谷市廃棄物処理及び清掃に関する条例の規定、第12条の規定による改正後の岡谷市霊園条例の規定、第13条の規定による改正後のテクノプラザおかや条例の規定、第14条の規定による改正後の岡谷市勤労青少年ホーム条例の規定、第15条の規定による改正後の岡谷市勤労会館条例の規定、第16条の規定による改正後の岡谷市都市公園条例の規定、第19条の規定による改正後の岡谷市病院使用料及び手数料条例の規定、第20条の規定による改正後の岡谷市訪問看護事業条例の規定及び第21条の規定による改正後の市立岡谷病院及び健康保険岡谷塩嶺病院指定居宅サービス等の料金に関する条例の規定は、施行日以後に徴収する使用料、入館料、手数料、利用料及び料金等(以下「使用料等」という。)について適用し、施行日前に徴収する使用料等については、なお従前の例による。

附 則(平成29年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年7月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(岡谷市文化会館条例の一部改正に伴う経過措置)

2 第1条の規定による改正後の岡谷市文化会館条例の規定は、施行日以後の申請に係る使用許可を受けた者が使用する使用料について適用し、施行日前の申請に係る使用許可を受けた者が使用する使用料については、なお従前の例による。

別表(第10条関係)

(平成9条例8・平成10年条例5・平成17条例21・平成23条例5・平成25条例23・平成29条例5・一部改正)

1 ホール等

区分

午前

(午前9時から正午まで)

午後

(午後1時から午後5時まで)

夜間

(午後6時から午後10時まで)

平日

日曜日、土曜日及び休日

平日

日曜日、土曜日及び休日

平日

日曜日、土曜日及び休日

ホール

大ホール

入場料を徴収しないで使用する場合

1階のみ使用する場合

10,690

13,540

18,530

24,230

21,380

27,790

1階及び2階を使用する場合

12,910

16,350

22,380

29,260

25,820

33,560

全階を使用する場合

15,430

19,540

26,740

34,970

30,860

40,110

1,000円以下の入場料を徴収して使用する場合

1階のみ使用する場合

13,540

17,820

24,230

31,360

27,790

36,350

1階及び2階を使用する場合

16,350

21,520

29,260

37,870

33,560

43,900

全階を使用する場合

19,540

25,720

34,970

45,260

40,110

52,460

1,000円を超え3,000円以下の入場料を徴収して使用する場合

1階のみ使用する場合

29,220

38,490

49,890

62,720

57,730

71,280

1階及び2階を使用する場合

35,290

46,480

60,250

75,740

69,710

86,070

全階を使用する場合

42,170

55,540

72,000

90,510

83,310

102,860

3,000円を超える入場料を徴収して使用する場合

1階のみ使用する場合

34,210

44,900

58,440

74,840

68,420

83,390

1階及び2階を使用する場合

41,310

54,220

70,570

90,370

82,620

100,700

全階を使用する場合

49,370

64,800

84,340

108,000

98,740

120,340

小ホール

入場料を徴収しないで使用する場合

4,110

6,170

8,230

11,310

9,260

12,340

1,000円以下の入場料を徴収して使用する場合

6,170

8,230

11,310

15,430

12,340

16,460

1,000円を超え3,000円以下の入場料を徴収して使用する場合

10,290

13,370

16,460

21,600

19,540

23,660

3,000円を超える入場料を徴収して使用する場合

11,310

15,430

19,540

25,710

22,630

28,800

楽屋

大ホール楽屋1

510

820

930

大ホール楽屋2

510

820

930

大ホール楽屋3

720

1,230

1,340

大ホール楽屋4

1,130

1,850

2,160

小ホール楽屋1

720

1,230

1,340

小ホール楽屋2

720

1,230

1,340

リハーサル室

2,880

4,940

5,760

(備考)

(1) 「平日」とは、月曜日から金曜日まで((2)に規定する休日を除く。)をいう。

(2) 「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

(3) 「入場料」とは、入場料、会費、会場整理費その他名称のいかんを問わず、入場の対価として徴収するものをいう。

(4) 入場料の額に2以上の区分がある場合は、その最も高い額を入場料として、この表を適用する。

(5) 入場料を徴収しないでホールを営業のために使用する場合の使用料の額は、この表の入場料を徴収しないで使用する場合の区分に従い、当該区分に定める額の100分の160に相当する額とする。

(6) ホールを専ら練習又は準備のために使用する場合の使用料の額は、この表の区分に従い、当該区分に定める額((5)に該当する場合にあっては、(5)において算出された額)の100分の70に相当する額とする。

(7) 許可された使用時間を超過して使用する場合の使用料の額は、超過時間1時間について、1に定める使用料の額を基準として市長が別に定める額(附属設備等の使用料を除く。)の100分の120に相当する額とする。

(8) 1に定めるもののほか、次の各号に掲げる時間に使用する場合の使用料の額は、当該各号に掲げる額とする。

ア 午前9時から午後5時まで この表の区分に従い、当該使用する区分の午前の欄の使用料の額及び午後の欄の使用料の額の合計額

イ 午後1時から午後10時まで この表の区分に従い、当該使用する区分の午後の欄の使用料の額及び夜間の欄の使用料の額の合計額

ウ 午前9時から午後10時まで この表の区分に従い、当該使用する区分の午前の欄の使用料の額、午後の欄の使用料の額及び夜間の欄の使用料の額の合計額に100分の90を乗じて得た額

(9) (5)から(8)までの規定において算出された使用料の額に10円未満の端数があるときは、切り捨てる。

2 練習室及び会議室

区分

1時間

1日(午前9時から午後10時まで)

 

第1練習室

310

3,720

第2練習室

410

4,920

第1会議室

310

3,720

第2会議室

310

3,720

(備考) 許可された使用時間を超過して使用する場合の使用料の額は、超過時間1時間について、2に定める1時間当たりの額の100分の120に相当する額とする。

3 附属設備等

区分

使用料

附属設備を使用する場合

市長が別に定める額

冷房又は暖房を使用する場合

電気器具の持込みをして電力を使用する場合

岡谷市文化会館条例

平成元年3月28日 条例第14号

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第3類 行政一般/第3章
沿革情報
平成元年3月28日 条例第14号
平成9年3月31日 条例第8号
平成10年3月31日 条例第5号
平成17年6月30日 条例第21号
平成23年3月16日 条例第5号
平成25年12月20日 条例第23号
平成29年3月15日 条例第5号