○大郷町未来づくり事業資金貸付規則

平成7年6月6日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、大郷町未来づくり基金条例(平成元年大郷町条例第2号)に基づき、大郷町の未来に向けた独創的なまちづくりに寄与する事業所に対し貸付ける資金に関し必要な事項を定めるものとする。

(平20規則4・一部改正)

(資金の名称)

第2条 この資金は、大郷町未来づくり事業資金(以下「資金」という。)という。

(平20規則4・一部改正)

(貸付対象)

第3条 資金は、大郷町が投資及び出資している事業者を対象として、町内に事務所を有する者に対し貸付けるものとする。

(貸付条件)

第4条 資金の貸付条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付利率 年1%

(2) 償還期間 10年以内

(3) 償還方法 年払い又は一括払い

(平16規則25・一部改正)

(貸付金額)

第5条 資金の貸付金額は、予算の範囲内で町長が定める。

(貸付申請)

第6条 資金の貸付けを受ける事業者は、貸付申請書(様式第1号)に事業計画書及び決算書並びに町長が必要と認める書類を添え町長に提出しなければならない。

(平20規則4・一部改正)

(貸付の決定)

第7条 町長は、申請書を受理したときは、速やかに資金の貸付けの適否を決定しなければならない。

2 町長は、前項の規定により貸付の決定をしたときは、貸付決定書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。貸付けをしない旨の決定をしたときも同様とする。

3 申請者は、前項の規定により貸付決定を受けた資金の交付を受けるときは、未来づくり事業資金貸付借用証書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(平20規則4・全改)

(貸付期間中の報告)

第8条 資金の貸付けを受けた者は、貸付期間中資金の運用状況を、報告しなければならない。

2 前項の場合においては、関係書類として事業所の当期決算書及び事業計画書を提出するものとする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、貸付けに関する必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年規則第25号)

この規則は、平成16年12月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に貸付を受けている資金については、なお従前の例による。

(平20規則4・全改)

画像

(平20規則4・全改)

画像

(平20規則4・全改)

画像

(平20規則4・全改)

画像

大郷町未来づくり事業資金貸付規則

平成7年6月6日 規則第16号

(平成20年3月12日施行)