○大郷町国民健康保険各種検診料助成金交付要綱

平成12年3月28日

告示第12号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大郷町国民健康保険に加入している者(以下「被保険者」という。)が健康保持及び増進並びに疾病の早期発見・早期治療に資するため、町が実施する検診を受検した場合の費用の助成金の交付について定めるものとする。

(交付対象)

第2条 助成金を交付する検診及び対象となる被保険者は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 胃がん検診 35歳以上

(2) 循環器検診 35歳以上

(3) 子宮がん検診 20歳以上

(4) 乳がん検診 30歳以上

(5) 超音波検診 40歳以上

(平16告示27・一部改正)

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、町が実施する検診の一部徴収金の額を限度とし、予算で定める額とする。

(助成金の交付)

第4条 助成金の交付申請は、被保険者が前2条に定める検診を受検する際に、大郷町国民健康保険被保険者証を提示することにより行い、申請にかえるものとする。

2 助成金の交付は、前項の申請に基づき資格を確認の後交付決定する。

3 町長は、前2項の規定により助成金の交付の決定を受けた被保険者については、検診の一部徴収金のうち第3条の額を徴収せず、実施年度の大郷町国民健康保険特別会計より大郷町一般会計に支払うことにより行う。この場合、支出票には、支出調書として助成金交付簿(様式第1号)を添付しなければならない。

(助成金の返還)

第5条 町長は、偽りその他不正の行為により助成金の交付を受けた者に対しては、その者から既に交付した助成金に相当する額を返還させるものとする。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成16年告示第27号)

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

画像

大郷町国民健康保険各種検診料助成金交付要綱

平成12年3月28日 告示第12号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 国民健康保険
沿革情報
平成12年3月28日 告示第12号
平成16年12月22日 告示第27号