○大郷町道路維持管理作業用自動車(ダンプ)使用規程

昭和45年4月1日

規程第1号

(趣旨)

第1条 大郷町道路維持管理作業用自動車(ダンプ)管理規則(昭和45年大郷町規則第5号)に定めのあるもののほか、この規程の定めるところによる。

(配車の基準)

第2条 大郷町道路維持管理作業用自動車(ダンプ)(以下「作業用自動車」という。)は、大郷町道路維持管理作業用(ダンプ)自動車管理規則第5条に基づき用務の緊要度により主管課長が決定する。

(運行の基準)

第3条 作業用自動車の運行は、次の基準による。

運行時間は緊急止むを得ない場合のほか8時35分作業点検を行い、8時50分出庫し午後4時30分入庫後の車両の整備点検を行う。但し、土曜日については入庫時間11時30分とし、車両の点検を行う。

(配車の指示)

第4条 主管課長は、配車指示を前日に運転者に指示する。

2 緊急やむを得ない事情による場合には、配車を変更することができる。

(運転報告)

第5条 運転者は、作業用自動車の運行を終えたときは、運転記録簿を整備するとともにすみやかに運転日報を主管課長に提示しなければならない。

(時間外使用)

第6条 緊急やむを得ない事情により勤務時間外において作業用自動車を使用する必要があるときは、第4条の規定にかかわらず当直員に配車を要求することができる。

2 当直員は、前項の要求があった場合において真にやむを得ないと認められるときは、作業用自動車を使用させることができる。

3 前2項の規定により作業用自動車を使用した課の課長等は、使用後すみやかに第5条に定める運転日報を主管課長に提示しなければならない。

(主管課以外の使用)

第7条 大郷町道路維持管理事業作業用自動車(ダンプ)管理規則第5条第2項により主管課以外に於て使用するときは、借用届(様式第6号)を使用前日まで主管課長に提出(本則として運転者付とする。)すると共に、町長の定める使用料金をその月の属する末日まで精算しなければならない。

第8条 運転者は、運行する場合には道路交通法等関係法規を遵守し運転しなければならない。

第9条 主管課長は、次に掲げる書類を検討し、保管しなければならない。

(1) 運転日報兼運転記録簿 (様式第1号)

(2) 修理簿 (様式第2号)

(3) 燃料受払簿 (様式第3号)

2 主管課長は、次に掲げる帳簿を備え所定の事項を記録しておかなければならない。

(1) 消耗品交付簿 (様式第4号)

(2) 備品交付簿 (様式第5号)

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和45年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大郷町道路維持管理作業用自動車(ダンプ)使用規程

昭和45年4月1日 規程第1号

(昭和45年4月1日施行)