○大郷町立公園管理規則

平成4年3月16日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、大郷町立公園の設置及び管理に関する条例(平成4年大郷町条例第2号。以下「条例」という。)第12条の規定に基づき、公園の円滑な運営と管理を図るため、必要な事項を定めることを目的とする。

(平4規則9・一部改正)

(行為の許可手続)

第2条 条例第3条第1項の規定による許可を受けようとする者は、あらかじめ行為をしようとする日の7日前までに公園内行為許可申請書(様式第1号)を町長に提出し、その許可を受けなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、この期日によらないことができる。

2 町長は、前項の申請を適当と認めたときは、公園内行為許可書(様式第2号)により許可するものとする。

(平4規則9・追加)

(使用者の遵守事項)

第3条 条例第3条第1項の行為の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けた権利を他の者に譲渡し、又は転貸しないこと。

(2) 許可を受けていない行為をしないこと。

(3) めいてい者、精神異常者及び火薬、凶器等の危険物を携帯し、又は公園内の秩序、風俗を乱すおそれがあると認められる者を公園内に入場させないこと。

(4) 火災及び盗難の防止に留意すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長の指示した事項

(平4規則9・追加)

(行為の許可の取消等)

第4条 町長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、その行為の許可を取消し、又は条例に基づく必要な措置をすることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(2) 許可の条件に違反したとき。

(3) 公園に関する工事のためやむを得ない必要が生じたとき。

(4) 公園の保全又は公衆の公園利用に支障が生じたとき。

(5) 公園の管理上の理由以外の理由に基づく公益上やむを得ない必要が生じたとき。

(平4規則9・追加)

(使用の許可手続等)

第5条 条例第6条の規定による許可を受けようとする者は、公園施設使用申請書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請を適当と認めたときは、公園施設使用許可書(様式第4号)により許可するものとする。

(平4規則9・追加)

(使用料の減免)

第6条 条例第8条の規定により使用料を減免する場合及び減免する額は、次のとおりとする。

(1) 国又は地方公共団体が使用する場合 全額

(2) 町が育成する団体が、団体の活動のため営利を目的としないで使用する場合 全額

(3) 住民又は住民で構成する団体が、公用又は公益のため使用する場合 全額

(4) 町内の事業所が、従業員の福利厚生のため使用する場合 全額

(5) 町長が、特別の理由があると認める場合 町長が認める額

2 使用料の減免を受けようとする者は、公園施設使用料減免申請書(様式第5号)をあらかじめ町長に提出し承認を受けなければならない。

3 町長は、前項の申請を適当と認めたときは、使用料の減免を承認するものとする。

(平4規則9・追加)

(き損又は忘失の届出等)

第7条 利用者が公園又はその設備若しくは器具をき損し、汚損し、又は忘失したときは、直ちにその旨を町長に届けなければならない。

(平4規則9・追加)

(委託料)

第8条 公園の管理に要する経費は、毎年度予算の範囲内で定めるものとする。

(平4規則9・旧第2条繰下・一部改正)

(管理)

第9条 公園の管理委託を受ける者は、公園の清掃保全に務め常に良好な状態を維持し、事故防止に務めなければならない。

2 管理委託を受ける者は、次の事項について町長に報告しなければならない。

(1) 公園の管理状況報告(様式第6号)

(2) 施設が破損し利用に支障を生じた場合

(3) その他必要と認める事項

(平4規則9・旧第3条繰下・一部改正)

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

(平4規則9・旧第4条繰下)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年規則第9号)

この規則は、平成4年7月1日から施行する。

(平4規則9・追加)

画像

(平4規則9・追加)

画像

(平4規則9・追加)

画像

(平4規則9・追加)

画像

(平4規則9・追加)

画像

(平4規則9・旧別記様式・一部改正)

画像

大郷町立公園管理規則

平成4年3月16日 規則第1号

(平成4年6月30日施行)