○勤務時間の特例を必要とする職員の勤務時間に関する規程

平成23年2月14日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、職員服務規程(昭和37年大郷町規程第1号)第4条の規定の特例を必要とする職員(以下「特例職員」という。)の勤務時間に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平28訓令14・一部改正)

(勤務時間)

第2条 特例職員の勤務時間に関する事項は、別表第1別表第2に定めるとおりとする。

(平28訓令14・旧第3条繰上・一部改正)

(特例)

第3条 所属長(大郷町行政組織規則(平成6年大郷町規則第5号)に定められている課の長をいう。)は、特例職員の勤務時間について、業務上やむを得ない事情があるときは、前条の規定にかかわらず、臨時に必要やむを得ない限度で特別の扱いをすることができる。

(平28訓令14・旧第4条繰上・一部改正)

(委任)

第4条 この訓令に定めるもののほか、この訓令の施行に関し必要な事項は、所属長が別に定める。

(平28訓令14・旧第5条繰上)

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第14号)

この訓令は、公布の日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(平28訓令14・旧別表第2繰上・一部改正)

適用職員

区分

勤務時間

休憩時間

税務課、町民課、保健福祉課及び地域整備課に勤務する職員

平常勤務

午前8時30分から午後5時15分まで

1時間とし、その時限は、業務の実情に応じ所属長が定める。

遅番勤務

午前10時15分から午後7時まで

1時間とし、その時限は、業務の実情に応じ所属長が定める。

備考

区分中「遅番勤務」とあるのは、大郷町窓口業務の時間延長事務取扱要綱(平成17年大郷町告示第10号)第2条第1号に規定する取扱日とする。

別表第2(第2条関係)

(平28訓令14・旧別表第3繰上・一部改正)

適用職員

勤務時間

休憩時間

所属長が命ずる職員

1日について7時間45分とし、その割振りは業務の実情に応じ所属長が定める。

1時間とし、その割振りは、業務の実情に応じ所属長が定める。

勤務時間の特例を必要とする職員の勤務時間に関する規程

平成23年2月14日 訓令第3号

(平成28年8月17日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成23年2月14日 訓令第3号
平成28年8月17日 訓令第14号