○忍野村地下水資源保全条例施行規則

平成23年9月30日

告示第9号

忍野村地下水資源保護条例施行規則(平成15年忍野村規則第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、忍野村地下水資源保全条例(平成23年忍野村条例第16号。以下「条例」という。)第20条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において使用する用語は、条例において使用する用語の例による。

(適用除外機関等)

第3条 条例第5条第2項の国又は地方公共団体の機関は、国又は地方公共団体及びその公社、公団又は事業団とする。

2 上水道供給区域内及び区域外において新たに居住用の井戸を設置する者は、村長に井戸設置届出書を提出することをもって、協議が成立し、許可があったものとみなす。

(許可申請の手続)

第4条 条例第5条第1項の規定による許可を受けようとする者は、井戸設置許可申請書(様式第1号)又は井戸設置変更申請書(様式第2号)を村長に提出しなければならない。

2 前項の申請書には、井戸の設置場所を示す位置図その他村長が必要と認める書類を添付しなければならない。

3 条例第6条のただし書の居住用の井戸を設置する者は、井戸設置届出書(様式第3号)を村長に提出し協議しなければならない。

(許可等)

第5条 村長は、条例第6条の規定による許可の申請を受理した日から起算して30日以内に井戸設置許可証(様式第4号)により通知するものとする。なお、不許可の場合には通知書(様式第5号)により通知するものとする。

(完成届)

第6条 条例第8条の規定による届出は、井戸完成届(様式第6号)によるものとする。

2 前項の届出書には、井戸の構造を示す図面その他村長が必要とする書類を添付しなければならない。

(承継)

第7条 条例第11条第3項の規定による届出は、地下水採取承継届出書(様式第7号)により行うものとする。

(廃止)

第8条 条例第12条の規定により井戸を廃止したときは、井戸廃止届出書(様式第8号)を廃止した日から起算して15日以内に提出しなければならない。

(身分証明書)

第9条 条例第13条第2項の身分を示す証明書は、身分証明書(様式第9号)とする。

(指導又は勧告)

第10条 条例第14条の勧告は、井戸設置に関する勧告書(様式第10号)により行うものとする。

(措置命令)

第11条 条例第15条の規定による措置命令は、井戸設置に関する措置命令書(様式第11号)により行うものとする。

(措置の届出)

第12条 条例第14条の勧告又は条例第15条の規定による命令を受けた者がその措置をとった場合は、条例第16条の規定に基づき措置届出書(様式第12号)により行うものとする。

(停止命令)

第13条 条例第17条の規定による停止命令は、井戸使用停止命令書(様式第13号)により行うものとする。

(原状回復命令)

第14条 条例第18条の規定による原状回復命令は、井戸原状回復命令書(様式第14号)により行うものとする。

(遅延届出書)

第15条 条例第19条第2項の規定による特別な事情により工事着手又は完成が遅れる場合は、工事着手等遅延届出書(様式第15号)により行うものとする。

(提出書類の部数)

第16条 条例及び規則に定める村長に提出する書類の部数は、正本1部とする。

(補則)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この規則は、平成23年9月30日から施行する。

附 則(平成25年規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

忍野村地下水資源保全条例施行規則

平成23年9月30日 告示第9号

(平成25年8月14日施行)