○尾鷲市市議会規則の左横書き及び用語等の統一に関する措置規則

平成14年6月28日

議会規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、この規則施行の際、現に存する尾鷲市市議会規則(以下「規則」という。)を左横書きに改め、併せて用字、用語、送り仮名等(以下「用語等」という。)の統一を図ることを目的とする。

(規則の左横書きの改正)

第2条 規則(既に廃止したものを除く。以下同じ。)は、すべて左横書きに改める。この場合における必要な措置は、次の各号に定めるところによる。

(1) 章、節及び条の番号は、アラビア数字に改める。

(2) 号の番号は、「()」で囲んだアラビア数字に改める。

(3) 号を細分する記号は、五十音順による片仮名とする。

(4) 漢数字は、固有名詞、数量的な意味の失われた語及び慣用的な語に用いるものとし、アラビア数字で3けたごとに区切る必要がある場合は、「,」により区切るものとする。

(5) 次の表の右欄に掲げる語句は、それぞれ左欄に掲げる語句に改める。

次に(の)

左に(の)

次の

左記

左欄

上欄

右欄

下欄

(6) 表、別表及び様式中、左横書きの形式に適合しないものがあるときは、その趣旨及び内容に変更を加えないで、左横書きの形式に適合するように改める。

(用語等の統一の基準)

第3条 規則に用いられている用語等は、別表左欄に掲げる語句(動詞その他活用する語句にあっては活用形を含む。)は、それぞれ当該右欄に掲げる語句に改める。

2 規則に用いられている拗音等の表記は、法令における拗音及び促音に用いる「や・ゆ・よ・つ」の表記について(昭和63年内閣法制局総発第125号)に基づき、その内容を変えることなく小書きとする。

(見出しの整備)

第4条 規則中見出しが付されていない条(共通見出しにより付されていない条を除く。)に見出しを付する。

(法令及び例規の引用)

第5条 規則の条文中で引用した法令等については、その発令の表示を「平成 年法律第 号」等と統一するものとする。

2 規則の条文中で引用した条例等については、「平成 年尾鷲市条例第 号」等と統一するものとする。

(別表等の統一)

第6条 規則中の別表及び様式において、根拠条名のないものについては、関係条名を付するものとする。

2 規則中の様式には、元号を付さないものとし、既に付されている元号は、その内容を変えることなく削る。

3 規則中の別表及び様式において、敬称の「殿」とあるのは「様」に統一するものとする。

(表記の統一)

第7条 第2条から前条までに規定するもののほか、規則中の表記は、その内容を変えることなく統一するものとする。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、用語等の統一について必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

1 平仮名を漢字に書き直すもの

左欄

右欄

あくる

明くる

あたる

当たる

あてる

充てる

あまり

余り

いたって

至って

いたる

至る

うけ

受け

おおいに

大いに

おおきな

大きな

および

及び

がいして

概して

かかげる

掲げる

かかる

係る

かぎり

限り

かっこ

括弧

かならず

必ず

かならずしも

必ずしも

かろうじて

辛うじて

きわめて

極めて

こえる

超える

ことに

殊に

さらに

更に

さる

去る

したがう

従う

じつに

実に

すくなくとも

少なくとも

すこし

少し

すでに

既に

すみやかに

速やかに

せつに

切に

たいして

大して

たえず

絶えず

たがいに

互いに

ただちに

直ちに

たとえば

例えば

ちいさな

小さな

ついで

次いで

つぎ

つど

都度

つとめて

努めて

つねに

常に

とくに

特に

ならびに

並びに

はじめて

初めて

はたして

果たして

はなはだ

甚だ

ふたたび

再び

または

又は

まったく

全く

もしくは

若しくは

もっとも

最も

もっぱら

専ら

わりに

割に

2 漢字を平仮名に書き直すもの

左欄

右欄

予め

あらかじめ

如何なる

いかなる

何れ

いずれ

おそれ

恐れ

おそれ

於いて

おいて

(つ)

かつ

ごと

事とする

こととする

之を

これを

従って

(接続詞のみ)

したがって

総べて(凡て)

すべて

其の

その

夫々

それぞれ

但し

ただし

但書

ただし書

ため

出来る

(利用できる、できるだけ)

できる

通り

とおり

外・他

(「ほか」と読む場合のみ)

ほか

また

迄に

までに

以て

もって

因る

よる

依る

よる

亘たり

わたり

3 送り仮名の補正

左欄

右欄

当る(り)

当たる(り)

行なう

行う

伴なう

伴う

基く(き)

基づく(き)

4 書き替え

左欄

右欄

1箇年(月)

1か年(月)

才出(入)

歳出(入)

年令

年齢

付属

附属

尾鷲市市議会規則の左横書き及び用語等の統一に関する措置規則

平成14年6月28日 議会規則第2号

(平成15年4月1日施行)