○尾鷲市事務改善委員会規程

昭和38年12月2日

訓令第5号

(設置)

第1条 尾鷲市行政事務の能率化を総合的、積極的に推進するため、尾鷲市事務改善委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 委員会は、前条の目的を達成するため次に掲げる事項を処理する。

(1) 市の機構改革に関すること。

(2) 事務改善の調査、計画、立案に関すること。

(3) 改善事項の推進調整に関すること。

(組織等)

第3条 委員会は、委員20名以内をもって組織し、委員は市職員のうちから市長が任免する。

第4条 委員会に委員長1名、副委員長1名を置く。

2 委員長は副市長を充て、副委員長は総務課長を充てる。

3 委員長は委員会の議長となり、議事を整理し、委員会を代表する。

4 副委員長は委員長を補佐し、委員長事故あるときはその職務を代理する。

第5条 委員会は、必要に応じ部を置くことができる。

第6条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会は委員の半数以上の出席がなければ、これを開くことができない。

第7条 委員の任期は1年とする。ただし再任を妨げない。

第8条 委員会において審議する議案を作成させ、又委員会の職務を補佐させるため幹事若干名をおき、市職員のうちから市長が任免する。

2 幹事は委員長の命により、所掌事務の調査、研究に従事する。

第9条 委員会の庶務は総務課で行う。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、議事手続、その他委員会の運営に関し必要な事項は委員長が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和38年12月1日から適用する。

附 則(昭和48年1月27日訓令第5号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年1月1日から適用する。

附 則(昭和51年5月1日訓令第5号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和51年5月1日から適用する。

附 則(昭和52年7月1日訓令第5号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和52年4月1日から適用する。

附 則(昭和54年7月31日訓令第5号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和54年7月1日から適用する。

附 則(昭和62年4月1日訓令第6号)

この規程は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成元年1月10日規程第3号)

この規程は、平成元年1月10日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規程第2号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年2月7日訓令第6号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第5号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日訓令第4号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

尾鷲市事務改善委員会規程

昭和38年12月2日 訓令第5号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和38年12月2日 訓令第5号
昭和48年1月27日 訓令第5号
昭和51年5月1日 訓令第5号
昭和52年7月1日 訓令第5号
昭和54年7月31日 訓令第5号
昭和62年4月1日 訓令第6号
平成元年1月10日 規程第3号
平成11年4月1日 規程第2号
平成13年2月7日 訓令第6号
平成15年3月28日 訓令第5号
平成19年3月27日 訓令第4号