○尾鷲市自動車安全運転規程

昭和45年10月1日

規程第11号

(目的)

第1条 この規程は、庁用自動車による交通事故を未然に防止し、安全かつ能率的な運行管理と、運転者の安全教育を実施するため必要な事項を定める。

(車両管理者)

第2条 尾鷲市自動車等管理規程(平成14年尾鷲市訓令第1号)第2条第4号に定める自動車等管理者は、運転者に対し自動車の安全運行と事故防止について、交通法令等に定めるもののほか、次に掲げる事項について適切な指導監督を行うものとする。

(1) 自動車の整備状況を常に把握すること。

(2) 運転者以外の者の運転を防止すること。

(3) 運転者がアルコールの飲用、過労、病気その他の理由により正常な運転ができないと認めた場合は運転を禁止すること。

(4) 気象状況並びに運転経路の道路、交通状況に注意し、適切な運行を図ること。

(5) 私用に利用することのないよう厳正に管理すること。

(6) 自動車の運行状況を把握するため、尾鷲市自動車管理規程第9条に定める自動車運行日誌を整備し、運行管理の万全を期すること。

(運転者)

第3条 運転者とは、次に該当する者をいう。

(1) 運転手の職にあるもの

(2) 運転手以外の職にあるもので、運転免許取得後1年以上の経験を有し、所属課長の推せんにより市長が適格者と認めたもの

(運転者の任務)

第4条 運転者は、自動車等管理者の指示に従い、交通法令等に定めるもののほか日常次に掲げる事項に心掛けなければならない。

(1) 安全な運転に従事できるよう心身の健康保持に努めること。

(2) 交通及び道路の状況を把握し、かつ運転技能の向上に努めること。

(3) 自動車の運行は、自動車等管理者の命令又は許可を得なければ運行してはならない。また運行を指示されない者は運転をしてはならない。

(安全運転管理者)

第5条 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の2の規定に基づき選任した安全運転管理者を必要な課(センターを含む。)に置くことができる。

2 安全運転管理者は、次の各号に掲げる事項を処理しなければならない。

(1) 自動車の交通事故防止に関すること。

(2) 運転者の運転の適性な指導、助言を行うこと。

(3) 運転者が法令等を遵守するよう指導教育をすること。

(4) 運転者が仕業点検の励行を行うよう指導すること。

(5) その他安全運転に必要な事項を処理すること。

(自動二輪車)

第6条 自動二輪車についても、この規程を準用する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年2月7日訓令第10号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月27日訓令第14号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成30年2月28日訓令第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

尾鷲市自動車安全運転規程

昭和45年10月1日 規程第11号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和45年10月1日 規程第11号
平成13年2月7日 訓令第10号
平成14年3月27日 訓令第14号
平成30年2月28日 訓令第1号