○尾鷲市情報公開審査会運営要綱

平成12年1月28日

要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、尾鷲市情報公開審査会規則(平成12年尾鷲市規則第2号)第5条の規定に基づき、尾鷲市情報公開審査会(以下「審査会」という。)の運営に関し必要な事項を定める。

(会議)

第2条 会議は、尾鷲市情報公開条例(平成11年尾鷲市条例第16号)第2条第1項に規定する実施機関から、審査請求に関する諮問がなされたときその他会長が必要と認めるときに開く。

2 会長は会議を招集しようとするときは、あらかじめ文書により開催の日時及び場所並びに会議に付すべき案件を委員に通知しなければならない。ただし、やむを得ない理由があるときは、この限りでない。

(非公開理由説明書の提出)

第3条 会長は、審査のため必要と認めるときは、次に掲げる事項を行うことができる。

(1) 実施機関に対し、相当の期間を定めて非公開(部分公開)理由説明書の提出を求めること。

(2) 審査請求人に対し、相当の期間を定めて次項の規定により送付した非公開(部分公開)理由説明書に対する意見書を求めること。

2 会長は、前項第1号の非公開(部分公開)理由説明書が提出されたときは審査請求人に、同項第2号の意見書が提出されたときは実施機関にそれぞれの写しを送付するものとする。

3 会長は、審査のため必要と認めるときは、実施機関の職員、審査請求人、参加人その他関係者に対し、会議における口頭での説明又は意見の陳述を求めることができる。

4 前項に規定する場合において、説明又は意見の陳述を行う者の数は、実施機関の職員、審査請求人、参加人その他の関係者を合わせて5人以内とする。ただし、会長が、特に必要と認めたときはこの限りでない。

(説明等の申出)

第4条 審査会は、実施機関の職員、審査請求人、参加人その他の関係者から申し出でがあったときは、会議における口頭での説明又は意見の陳述の機会を与えるよう努めるものとする。

2 前項の規定は、前条第4項の規定による説明又は意見の陳述を行うものの数について準用する。

(会議の非公開)

第5条 審査会の会議は、公開しない。

(会議録)

第6条 審査会は、会議を開いたときは会議録を作成する。

2 会議録には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

(1) 会議の日時及び場所

(2) 出席者の職氏名

(3) 会議に付した案件

(4) その他必要と認めた事項

3 会議録は、次回の審査会に諮って承認を受けたとき、確定する。

(現地調査)

第7条 審査会は、審査請求事案に係る現地調査を行うことができる。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は会長が審査会に諮って別に定める。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月17日告示第13号抄)

(施行期日)

1 この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの要綱の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの要綱の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

尾鷲市情報公開審査会運営要綱

平成12年1月28日 要綱第2号

(平成28年4月1日施行)