○新規採用職員に関する規程

平成4年9月1日

規程第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第1項の規定に基づき、新規採用職員の任用に関し必要な事項を定めるものとする。

(試用期間)

第2条 臨時的任用又は非常勤職員の任用を除き、職員の任用は、その任命の日から起算して6月を条件附き採用期間(以下「試用期間」という。)とする。

(試用期間の延長)

第3条 前条に規定する試用期間中の職員で、次に掲げる場合は、その任命の日から起算して1年間の範囲内で試用期間を延長することができる。

(1) 試用期間中病気(公務上の災害による負傷又は疾病を除く。)その他事由で、実際に勤務した日数が90日以下である場合

(2) 正式に任用するためには、能力の実証がまだ十分でないと認められる場合

(3) その他試用期間を延長することが適当であると認められる場合

(解雇)

第4条 試用期間中において職務成績が良好で地方公務員として適格者であると認められる者は、これを市職員に正式採用し、勤務成績が不良の者は、これを解雇するものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月22日訓令第4号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

新規採用職員に関する規程

平成4年9月1日 規程第6号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第2章 定数・任用
沿革情報
平成4年9月1日 規程第6号
平成29年3月22日 訓令第4号