○尾鷲市職員記章に関する規程

平成5年12月22日

規程第6号

(趣旨)

第1条 尾鷲市職員たることを明示し、併せて職員の品位保持に資するため、尾鷲市職員記章を制定する。

2 本市職員は、職務執行中この記章を着用しなければならない。

第3条 前条の尾鷲市職員記章の様式等は、別表(様式第1号)のとおりとする。

(貸付)

第4条 記章は、新たに本市職員に採用したときに総務課において貸与名簿を備え、貸与年月日、職氏名を記入の上、これを貸付けるものとする。

(遵守事項等)

第5条 記章は、本人に限り着用を許し、何人にもこれを貸与し、又は譲渡することはできない。

第6条 記章を過失又は、その他の事由により紛失又は破損した場合は、直ちに記章再交付申請書(様式第2号)を提出しなければならない。

2 前項の場合には、その実費を徴収することができる。

第7条 記章は、左えり部又は左胸部の見やすい位置に着用するものとする。

(返納)

第8条 職員が退職したときは、直ちに市長に返納しなければならない。

(その他)

第9条 尾鷲市職員被服貸与規程(昭和37年尾鷲市訓令第8号)に基づき貸与された市章入りの被服を着用する場合は、第2条の規定にかかわらず記章着用を省略することができる。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年2月7日訓令第14号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第14号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

尾鷲市職員記章に関する規程

平成5年12月22日 規程第6号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第4章
沿革情報
平成5年12月22日 規程第6号
平成13年2月7日 訓令第14号
平成15年3月28日 訓令第14号