○尾鷲市職員の休日勤務手当に関する規則

平成22年4月1日

規則第9号

(休日勤務手当の支給割合)

第1条 職員の給与に関する条例(昭和32年尾鷲市条例第14号。以下「条例」という。)第13条第2項の規則で定める割合は、100分の135とする。

(休日勤務手当の支給される日)

第2条 条例第13条第3項の規則で定める日は、尾鷲市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年尾鷲市条例第2号。以下「勤務時間条例」という。)第3条第1項に規定する週休日に当たる勤務時間条例第9条に規定する祝日法による休日の直後の勤務日等(勤務時間条例第10条第1項に規定する勤務日等をいう。以下同じ。)(当該勤務日等が条例第11条に規定する祝日法による休日等若しくは年末年始の休日等(以下「休日等」という。)に当たるときは、当該休日等の直後の勤務日等)とする。ただし、職員の勤務時間の割振りの事情により、任命権者が他の日とすることについて市長の承認を得たときは、その日とする。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

尾鷲市職員の休日勤務手当に関する規則

平成22年4月1日 規則第9号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第5類 与/第2章
沿革情報
平成22年4月1日 規則第9号