○尾鷲市職員の宿日直手当に関する規則

平成7年3月31日

規則第7号

(総則)

第1条 職員の給与に関する条例(昭和32年尾鷲市条例第14号。以下「条例」という。)の規定に基づく、職員の宿日直手当の支給については、別に定める場合を除き、この規則の定めるところによる。

(宿日直手当の支給される勤務)

第2条 宿日直手当の支給される勤務は、次に掲げる勤務とする。

(4) 勤務時間規則第7条第2項により命ぜられる同条第1項各号に掲げる勤務と同様の勤務

(宿日直手当の額)

第3条 前条第1号及び第2号の勤務についての宿日直手当の額は、その勤務1回につき、次の各号に定めるところによる。ただし、勤務時間が5時間未満の場合は、当該各号に掲げる額に100分の50を乗じて得た額とする。

(1) 前条第1号の勤務については、4,200円

(2) 前条第2号の勤務のうち勤務時間規則第7条第1項第3号アの勤務については、2万円

(3) 前条第2号の勤務のうち勤務時間規則第7条第1項第3号イの勤務については、5,900円

2 前条第3号の勤務については、月の1日から末日までの期間において、勤務した日数がその期間の2分の1を超える場合にあっては月額21,000円、勤務した日数がその期間の2分の1以下の場合にあっては月額10,500円

3 前条第4号の勤務についての宿日直手当の額については、前2項の規定を準用する。

(支給方法)

第4条 宿日直手当は、その月分を翌月の給料支給日に支給する。

2 前項に規定するもののほか宿日直手当は、給料の支給方法に準じて支給する。

附 則

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成7年12月25日規則第25号)

この規則は、平成8年1月1日から施行する。

附 則(平成8年12月25日規則第25号)

この規則は、平成9年1月1日から施行する。

附 則(平成9年12月25日規則第33号)

この規則は、平成10年1月1日から施行する。

附 則(平成10年12月25日規則第23号)

この規則は、平成11年1月1日から施行する。

附 則(平成11年12月21日規則第15号)

この規則は、平成12年1月1日から施行する。

附 則(平成30年8月31日規則第19号)

この規則は、平成30年9月1日から施行する。

尾鷲市職員の宿日直手当に関する規則

平成7年3月31日 規則第7号

(平成30年9月1日施行)

体系情報
第5類 与/第3章 諸手当
沿革情報
平成7年3月31日 規則第7号
平成7年12月25日 規則第25号
平成8年12月25日 規則第25号
平成9年12月25日 規則第33号
平成10年12月25日 規則第23号
平成11年12月21日 規則第15号
平成30年8月31日 規則第19号