○尾鷲市職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱いに関する規程

昭和47年3月3日

規程第6号

(通則)

第1条 尾鷲市職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取り扱いについては、児童手当法(昭和46年法律第73号。以下「法」という。)、児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)及び児童手当法施行規則(昭和46年厚生省令第33号)によるほか、この規程の定めるところによる。

(認定及び支給事務の総括)

第2条 総務課長は、児童手当の認定及び支給に関する事務を総括するものとする。

(児童手当支給状況報告書の提出)

第3条 教育委員会教育総務課長及び尾鷲総合病院事務長は法第8条第4項に規定する支払期月の翌月の15日までに、前支払期月の翌月からその支払期月までの間における児童手当の支給の状況についての報告書を総務課長に提出しなければならない。

(支払日)

第4条 法第8条第4項に規定する児童手当の支払日は、当該支払期月の十日までに支給する。ただし、都合により支払日を変更することができる。

(実施細目)

第5条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規程は、公布の日から施行し、昭和47年1月1日から適用する。

2 第3条による児童手当支給状況報告書の提出について、昭和47年1月から同年3月までの間における児童手当の支給の状況についての報告書は同年4月15日までに、総務課長に提出するものとする。

3 昭和47年1月分及び2月分の児童手当の支払日は、第4条の規定にかかわらず同年3月10日とする。

附 則(昭和62年4月1日規程第11号)

この規程は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成元年1月10日規程第3号)

この規程は、平成元年1月10日から施行する。

附 則(平成13年2月7日訓令第17号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第16号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日訓令第7号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

尾鷲市職員に対する児童手当の認定及び支給に関する事務の取扱いに関する規程

昭和47年3月3日 規程第6号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第5類 与/第3章 諸手当
沿革情報
昭和47年3月3日 規程第6号
昭和62年4月1日 規程第11号
平成元年1月10日 規程第3号
平成13年2月7日 訓令第17号
平成15年3月28日 訓令第16号
平成20年3月31日 訓令第7号