○尾鷲市職員被服貸与規程

昭和37年12月1日

訓令第8号

(目的)

第1条 この規程は職員(市立病院の職員をのぞく。)に対する被服の貸与について定める。

(被服の貸与及び貸与品の種類と貸与期間)

第2条 貸与される者及び被服(以下「貸与品」という。)の種類と貸与期間は別表1の定めるところによる。ただし、次に掲げる者であって職務の執務上市長が認めたものは貸与することができる。

(1) 常時勤務しないもの

(2) 臨時に雇ようされている者

2 貸与期間の計算は、貸与された日の属する月から月計算により前項の対応貸与期間の満了する月の終りまでとする。ただし、新品でない貸与品については、前期間は通算する。

(貸与を受けた者の義務)

第3条 被服の貸与を受けた者は勤務中これを着用しなければならない。

2 貸与品は常に清潔にし、その保全に努めなければならない。

3 貸与品は他人に貸与し、又は処分してはならない。

4 貸与品を紛失し、又は破損した者は、その残る貸与期間に応じ相当価格を弁償しなければならない。ただし、市長がその事情がやむを得ないものと認めたときは、これを減額し、又は免除することができる。

(被服の払下げ及び返納)

第4条 貸与品はその貸与期間を過ぎたときは、貸与を受けていた者に無料で払下げる。ただし、市記章に類するものは取りはずし返納するものとする。

2 被服の貸与を受けていた者の退職、休職、転職又はその他の理由により貸与を受ける資格を失なった場合、5日以内に貸与品を返納しなければならない。

(施行に必要な事項)

第5条 この規程の施行について必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規程は、昭和37年12月1日より施行する。

2 この規程施行以前に既に貸与されている貸与品の貸与期間については、これを通算する。

附 則(昭和39年6月1日規程第1号)

1 この規程は、公布の日から施行し、昭和39年4月1日から適用する。

2 この規程施行以前に既に貸与されている貸与品の貸与期間についてはこれを通算する。

附 則(平成12年6月1日規程第9号)

この規程は、公布の日から施行し、平成12年6月1日から適用する。

別表1(第2条関係)

被服を貸与される者の職種

貸与される種類

貸与期間

摘要

山林技手

作業服上下

2年


衛生技手

作業服上下

2年


保健師(本庁)

作業服上下

2年


社会福祉士(本庁)

作業服上下

2年


その他市長が必要と認めた者




尾鷲市職員被服貸与規程

昭和37年12月1日 訓令第8号

(平成12年6月1日施行)