○尾鷲市職員の被服等貸与手続に関する規程

昭和39年6月1日

規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、尾鷲市職員被服貸与規程(昭和37年尾鷲市訓令第8号。以下「貸与規程」という。)第5条の規定に基づき貸与手続等について必要な事項を定めることを目的とする。

(貸与品の貸与手続)

第2条 貸与規程第2条第1項の規定に基づく貸与品の貸与を受けようとする者は被服等貸与申請書(様式第1号)を所属長を通じ総務課を経由して市長に提出しなければならない。

2 市長は前項の申請が適当であると認めたときは、所定の貸与品を用度係において貸与するものとする。

(貸与品受領書の提出)

第3条 前条の規定により貸与品の貸与を受けた者(以下「被貸与者」という。)は、速やかに貸与品受領書(様式第2号)を所属長を通じ総務課を経由して市長に提出しなければならない。

(貸与品のき損(亡失)届出)

第4条 被貸与者は貸与品をき損し、又は亡失したときは、速やかに貸与品き損(亡失)届書(様式第3号)を所属長を通じ総務課を経由して市長に提出しなければならない。

(貸与品返納手続)

第5条 被貸与者は、貸与規程第4条第2項の規定に基づき貸与品を返納しようとするときは、貸与品返納書(様式第4号)に貸与品を添え所属長を通じ総務課を経由して、市長に返納しなければならない。

(貸与品の管理)

第6条 用度係は貸与品台帳(様式第5号)を備え、常に貸与品の受払いを明確にしておかなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和39年4月1日から適用する。

附 則(平成13年2月7日訓令第18号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月28日訓令第17号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

尾鷲市職員の被服等貸与手続に関する規程

昭和39年6月1日 規程第2号

(平成15年4月1日施行)