○尾鷲市就学支援委員会規則

昭和50年11月14日

教育委員会規則第4号

(名称)

第1条 この会は尾鷲市就学支援委員会(以下「委員会」という。)という。

(目的)

第2条 委員会は尾鷲市における就学児童、生徒の障がいについての判別と、それに対する適正な就学支援を行い、特別支援教育の振興と充実をはかる。

(設置)

第3条 委員会の事務所は、尾鷲市教育委員会事務局に置き、庶務は教育総務課が行う。

(業務)

第4条 委員会は第2条の目的を達成するため、次のことを行う。

(1) 該当者の選出と資料の作成

(2) 知能、性格、特性、社会生活能力、身体運動機能等の諸検査並びに発達歴、家族関係、その他必要な調査

(3) 諸検査の集計、分析と相互診断の合議

(4) 判別資料の作成

(5) 就学先の調整

(6) 就学措置の総合判定

(7) 入級指導と教育相談

(8) 判別に必要な研修と研究

(委員)

第5条 委員の定数は15名以内とし、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校医

(2) 児童相談所員

(3) 特別支援学級設置校の校長

(4) 特別支援学級担任教諭代表

(5) 教育委員会事務局職員

(6) その他適当と認める者

2 委員の任期は2年とし再任を妨げない。なお、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第6条 委員の互選により委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、委員会を代表し会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代行する。

4 委員長及び副委員長の任期は委員の任期とする。

(会議)

第7条 委員会の会議は、委員長が招集し議長となる。

2 委員会の会議は委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議には必要に応じ、関係者を招致し意見を徴することができる。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、昭和50年11月15日から施行する。

附 則(平成11年1月14日教委規則第5号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年2月17日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年4月1日教委規則第3号)

この規則は、平成20年4月1日より施行する。

附 則(平成29年6月20日教委規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

尾鷲市就学支援委員会規則

昭和50年11月14日 教育委員会規則第4号

(平成29年6月20日施行)

体系情報
第7類 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和50年11月14日 教育委員会規則第4号
平成11年1月14日 教育委員会規則第5号
平成12年2月17日 教育委員会規則第1号
平成20年4月1日 教育委員会規則第3号
平成29年6月20日 教育委員会規則第7号