○尾鷲市教職員住宅管理規則

昭和50年3月6日

教育委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、尾鷲市教職員住宅(以下「住宅」という。)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(入居資格)

第2条 住宅に入居することができる者は公立学校共済組合員のうち尾鷲市立の学校及び幼稚園(以下「学校」という。)に勤務する教職員及びその他の職員(家族を含む)でなければならない。ただし尾鷲市教育委員会(以下「委員会」という)が特に認めたものはこの限りでない。

(入居の申込み)

第3条 住宅に入居しようとする者は、教職員住宅入居申込書(様式第1号)を勤務する学校長(以下「学校長」という)を経て委員会に提出し、その許可を受けなければならない。

(入居者の決定)

第4条 入居の申込みをした者の数が入居させるべき住宅の戸数を超える場合は次の各号に掲げる者について選考又は抽選により委員会が入居者を決定し住宅入居許可書(様式第2号)を学校長を経て交付する。

(1) 他の世帯と同居して著しく生活上の不便を受けている者

(2) 正当な事由による立退の要求を受け適当な立退先がない為困窮している者

(3) 住宅がない為に勤務校から著しく遠隔の地に居住を余儀なくされている者

(4) 収入に比して著しく過大な家賃の支払いを余儀なくされている者

(5) 前各号のほか現に住宅に困窮していることが明らかな者

(連帯保証人)

第5条 住宅に入居しようとする者は、委員会が適当と認める連帯保証人1人の連署する請書(様式第1号裏面)を提出しなければならない。

2 入居者が連帯保証人を変更しようとする時はその都度委員会に連帯保証人変更届(様式第3号)を提出しなければならない。

(家賃)

第6条 住宅の家賃は、別表のとおりとする。

2 家賃は、市長の発行する納入通知書により毎月末日までにその月分を納付しなければならない。

3 家賃は、住宅入居許可書に示された日から住宅を明渡した日まで徴収する。

4 入居者が新たに入居した場合又は、住宅を明渡した場合においてその月の使用期間が1か月に満たない場合であっても、その月の家賃は1か月分とする。

(入居者の費用負担)

第7条 次の各号に掲げる費用は、入居者の負担とする。

(1) 電気ガス、水道及び下水道の使用料

(2) 汚物及びじんあいの処理に要する費用

(修繕費用の負担)

第8条 住宅及び共同施設の維持修繕に要する費用は、委員会の負担とする。ただし軽微な修繕及び住宅の構造上重要でない部分、又は、造作について修繕の必要が生じたときは、入居者と協議の上決定する。

2 入居者の責に帰すべき事由によって修繕の必要が生じたときは、前項の規定にかかわらず入居者は、委員会の指示に従い直ちに修繕し、その費用を負担しなければならない。

3 住宅及び共同施設に修繕を要する箇所が生じたときは、入居者は速やかに住宅修繕要望書(様式第4号)を学校長を経て委員会に提出しなければならない。

(入居者の義務)

第9条 入居者は、当該住宅又は、共同施設の使用について必要な注意を払いこれを正常な状態において維持するとともに次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 住宅をき損し、又は汚損するような行為をすること。

(2) 住宅を模様替えし、又は増築すること、ただし委員会がやむを得ない事情があると認めたときは、この限りでない。

(3) 他人に迷惑を及ぼす行為又は、住宅以外の用途に使用すること。

(転貸等の禁止)

第10条 入居者は、住宅を他の者に貸し、又はその入居の権利を他の者に譲渡してはならない。

(住宅の明け渡し請求)

第11条 委員会は、入居者が次の各号の一に該当する場合においては、当該入居者に対して当該住宅の明け渡しを請求することができる。

(1) 第2条に掲げる入居資格がなくなったとき。

(2) 第9条及び第10条の規定に違反したとき。

(3) 家賃を3か月以上滞納したとき。

(4) 正当な事由によらないで1か月以上住宅を使用しないとき。

(住宅の返還等)

第12条 入居者は、住宅を返還又は、明け渡ししようとするときは、10日前までに住宅返還届(様式第5号)を学校長を経て委員会に提出しなければならない。

(原状回復)

第13条 入居者は、住宅を返還しようとするとき、又は明け渡すときにおいて原状に変更を加えたものがあるときは返還、又は明け渡し前にこれを原状に復さなければならない。

附 則

1 この規則は、昭和50年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際、現に住宅に入居しているものは、この規則の規定による許可を受けて入居しているものとみなす。

附 則(昭和53年5月18日教委規則第3号)

この規則は、昭和53年4月1日から適用する。

附 則(昭和59年4月1日教委規則第3号)

この規則は、昭和59年4月1日から適用する。

附 則(平成3年3月29日教委規則第2号)

この規則は、平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成10年8月21日教委規則第3号)

この規則は、平成10年9月1日から施行する。

附 則(平成15年3月19日教委規則第4号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

用途

木造住宅

ブロック住宅

鉄筋コンクリート住宅

備考

一般用

2,000円~5,000円

※39,000円

3,000円~6,000円


住宅の老朽程度により家賃を減額することができる

※印は平成10年度新築分

単身用

2,000円

2,500円~4,000円

※28,000円

第2条のただし書により入居を認めた者の家賃については、委員会が別に定める。

画像

画像

画像

画像

画像

尾鷲市教職員住宅管理規則

昭和50年3月6日 教育委員会規則第1号

(平成15年4月1日施行)