○尾鷲市社会教育委員設置に関する条例

昭和30年3月28日

条例第9号

(設置)

第1条 本市に社会教育委員を置く。

(定数)

第2条 社会教育委員の定数は6名とする。

(委嘱)

第3条 社会教育委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から市教育委員会が委嘱する。

(任期等)

第4条 社会教育委員の任期は、2年とする。ただし、欠員による後任者の在任期間は、前任者の残任期間とする。

第5条 社会教育委員は、辞任するときは教育長を経て市教育委員会の承認を得なければならない。

(会議)

第6条 社会教育委員の会議は教育長が招集する。

第7条 社会教育委員の会議は定例会及び臨時会とする。

2 定例会は年3回これを招集しなければならない。

3 臨時会は必要ある場合これを招集する。

第8条 社会教育委員の会議は在任委員の半数以上の出席者がなければこれを開くことができない。ただし、同一の事件につき再度招集してもなお半数に達しないときはこの限りでない。

(補則)

第9条 社会教育委員の費用弁償の支給については、尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和32年尾鷲市条例第2号)の定めるところによる。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和32年10月1日条例第18号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和32年4月1日から適用する。

附 則(平成12年3月17日条例第6号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月27日条例第39号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

尾鷲市社会教育委員設置に関する条例

昭和30年3月28日 条例第9号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和30年3月28日 条例第9号
昭和32年10月1日 条例第18号
平成12年3月17日 条例第6号
平成25年12月27日 条例第39号