○尾鷲市少年センター設置規則

昭和58年3月4日

教育委員会規則第4号

(目的)

第1条 青少年の補導・指導、育成活動を総合的かつ効率的に行うため関係する機関及び団体相互の緊密な連絡協調を図り、もって青少年の保護育成に寄与することを目的とする。

(設置)

第2条 前条の目的を達成するために尾鷲市少年センター(以下「少年センター」という。)を尾鷲市教育委員会におく。

(業務)

第3条 少年センターの業務は次のとおりとする。

(1) 少年の街頭補導・指導及び環境浄化活動

(2) 少年及び保護者等との相談

(3) 関係する機関及び団体との連携

(4) 補導・指導及び健全育成に関する研究

(5) その他、目的達成に必要な業務

(所長及びその他の職員)

第4条 少年センターに所長及びその他の職員を置く。

2 所長は少年センターの業務を掌理する。

3 その他の職員は所長を補佐する。

(運営協議会)

第5条 少年センターの運営に関し、所長の諮問に応ずるため運営協議会を組織する。

2 運営協議会委員は、関係する機関及び団体等から若干名を教育委員会が委嘱する。

3 運営協議会委員の任期は、2年とし再任を妨げない。ただし、任期途中に異動が生じたときの残任期間は、後任者が継承するものとする。

4 運営協議会の会議は所長が招集する。

5 運営協議会には、委員の互選による委員長を置く。

(少年指導員)

第6条 少年センターに少年指導員(以下「指導員」という。)を置く。

2 指導員は、関係する機関及び団体等から推せんされた者及び住民のうちから教育委員会が委嘱する。

3 指導員の任期は2年とする。

4 指導員は第3条に規定する業務に当たる。

(指導員証の交付)

第7条 教育委員会は、指導員に対し、その身分を証するため指導員証を交付する。

2 指導員は業務の実施に当たり、前項に定める指導員証を携帯し、要求があればこれを提出しなければならない。

(指導員会議)

第8条 指導員に対する活動方針の提示・調整等のため、随時に会議を開催することができる。

2 会議は、少年センター所長が招集する。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年4月17日教委規則第5号)

この規則は、昭和59年5月1日から施行する。

附 則(平成11年4月22日教委規則第7号)

この規則は、平成11年5月1日から施行する。

尾鷲市少年センター設置規則

昭和58年3月4日 教育委員会規則第4号

(平成11年5月1日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和58年3月4日 教育委員会規則第4号
昭和59年4月17日 教育委員会規則第5号
平成11年4月22日 教育委員会規則第7号