○尾鷲市熊野参詣道伊勢路における尾鷲市道路の交通規制実施要綱

平成19年3月30日

告示第17号

(目的)

第1条 この要綱は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)第16条の規定により市長が管理する道路(以下「市道」という。)のうち、史跡「熊野参詣道伊勢路」(以下「熊野参詣道伊勢路」という。)に指定された区間において市道の占有等を伴う森林施業(以下「施業」という。)が実施される場合にあっては、特別措置としての交通規制を適切に実施し、もって熊野参詣道伊勢路の利用者と施業との安全調整等を図ることを目的とする。

(市等の責務)

第2条 市、熊野参詣道伊勢路周辺の土地所有者及び施業を実施する者は、特別措置としての交通規制の実施に当たっては、熊野参詣道伊勢路の安全かつ円滑な利用が確保されるとともに施業との調和が図られるように、それぞれの立場において努めなければならない。

(交通規制の実施基準等)

第3条 熊野参詣道伊勢路周辺の土地所有者又は施業を実施する者の申請があった場合における交通規制の対象並びに実施基準は、別表第1に定めるとおりとする。

2 前項に規定する場合においては、あらかじめ、市長と協議しなければならない。

(交通規制の実施要領)

第4条 交通規制の実施要領は、別表第2に定めるとおりとする。

(委任)

第5条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

1 交通規制の実施基準

区分

形態

交通規制

備考

主伐・皆伐・間伐等の施業を実施するため、市道の占用の許可を受ける場合

伐採

一定期間の通行止め又は時間通行止めが可能

一定期間の通行止めは最大7日間を目途とする。

伐採後から搬出開始までの間の施業

通行可能

施業を実施する者において通行可能で安全な措置を実施するものとする。

搬出

一定期間の通行止め又は時間通行止めが可能

一定期間の通行止めは最大30日間を目途とする。

その他の施業を実施するため、市道の占用の許可を受ける場合

その他の施業

市長との協議による対応措置

2 交通規制の非対象者

(1) 交通規制の対象となる市道路線周辺の土地所有者及び施業を実施する者

(2) 狩猟目的のための利用者

(3) その他市長が特に必要と認める者

別表第2(第4条関係)

交通規制の実施要領

1 交通規制の実施手続き

市道の占有等によって施業を実施しようとする者は、次の各号に掲げる手続きを行わなければならない。なお、当該手続きに必要な事項及び関係書類は尾鷲市道路占用規則(昭和46年尾鷲市規則第17号。以下「規則」という。)に定めるものを準用する。

(1) 当該特別措置により市道の占用の許可を受ける者は、道路占用許可申請書を市長に提出しなければならない。この場合の申請については、施業を実施する40日前までに行わなければならない。

(2) 上記の申請に係る事項の変更を行おうとする者は、道路占用変更許可申請書を市長に提出しなければならない。

(3) 上記の申請に係る施業が完了したときは、速やかにその旨を市長に報告しなければならない。

2 許可後の占用等の表示

上記の申請に係る許可を受けた者又は市道管理者は、市道の占用の期間中、施業を実施する場所又はその付近の見やすい場所並びに適当な場所に、道路占用許可等の標識を掲示しておかなければならない。

3 その他運用上の配意事項

(1) 市長は、この要綱の適用に際し、市道における危険を防止し、交通の安全と円滑な利用を図るため、必要な措置を講じるものとする。

(2) 当該特別措置による交通規制の実施に当たっては、熊野参詣道伊勢路の利用者への影響が大きいため、関係者が相互に緊密な連携を図り、協力・協働のもとで実施し、その周知に努めていくものとする。

(3) この要綱の施行に関して必要な事項は、法及び他の法令の定めるところによるものとし、関係者並びに関係機関との協議により実施するものとする。

尾鷲市熊野参詣道伊勢路における尾鷲市道路の交通規制実施要綱

平成19年3月30日 告示第17号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第4章 社会教育
沿革情報
平成19年3月30日 告示第17号