○尾鷲市運動施設の設置及び管理に関する条例

昭和62年3月25日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、尾鷲市運動施設(以下「運動施設」という。)の設置及び管理について必要な事項を定め、もって市民の体育及びレクリエーションの振興を図り、健康で文化的な市民生活の向上に寄与することを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 運動施設の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(管理運営)

第3条 運動施設の管理運営は、尾鷲市教育委員会(以下「委員会」という。)が行う。

(使用の許可)

第4条 運動施設を使用しようとする者は、あらかじめ委員会の許可を受けなければならない。

2 委員会は、前項の許可に際し、管理上必要な条件を付することができる。

(使用の制限)

第5条 委員会は、次の各号の一に該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公安、風俗その他公益をみだすおそれがあると認めるとき。

(2) 建物及び附属物並びに備品等を破損するおそれがあると認めるとき。

(3) 保護者が同伴しない幼児が使用すること。

(4) その他管理上支障があると認めるとき。

(目的外使用及び譲渡等の禁止)

第6条 第4条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外に使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取り消し等)

第7条 委員会は、次の各号の一に該当する場合は、使用許可を取り消し、又は使用を停止し、若しくは使用条件を変更することができる。

(1) 使用許可の申請に偽りがあったとき。

(2) 使用許可に際し付された条件に違反したとき。

(3) 第5条の規定に該当するとき。

(4) 前各号に掲げるもののほか、この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(5) 災害その他事故により使用ができなくなったとき、又はそのおそれがあるとき。

(6) 公共の福祉のためやむを得ない事情が生じたとき。

(使用料)

第8条 使用者は、許可と同時に別表第2に定める使用料を前納しなければならない。ただし、やむを得ない事情により使用料を前納できないときは、委員会の承認を受けて使用後に納付することができる。

2 使用者から申し出のあったときは、運動施設の設備器具又は備付物品を委員会が別に定める使用料を徴収して使用させることができる。この場合の使用料は、前項に準じて納付するものとする。

(使用料の減免)

第9条 委員会は、特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は還付しない。ただし、次の各号の一に該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者が自己の責めによらない理由で運動施設を使用できなくなったとき。

(2) 使用者が使用日前5日までに使用許可の取消しを申し出た場合において、委員会が相当の理由があると認めたとき。

(特別設備等の制限)

第11条 使用者は、特別の設備をし、又は施設に変更を加え、若しくは備付器具以外の器具の持込みをしようとするときは、使用許可申請時にその旨を申請して、委員会の許可を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、運動施設の使用が終わったとき、又は第7条の規定により使用を停止され、若しくは使用許可を取り消されたときは、直ちに運動施設を原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、委員会においてこれを代行し、使用者からその費用を徴収するものとする。

(損害賠償の義務)

第13条 使用者は、運動施設を使用中に建物、設備器具及び備付物品を損傷し、又は滅失したときは、委員会の定めるところに従い、速やかに原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(免責)

第14条 この条例に基づく処分によって生じた損害については、市はその責めを負わない。

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

(立入検査)

第16条 使用者は、委員会が管理上必要と認める係員の立入検査若しくは指示を、使用中といえども拒むことができない。

(管理の委託)

第17条 委員会は、運動施設の設置目的を効果的に達成するため、その管理を運動施設の管理能力を有する団体及び企業に委託することができる。

附 則

1 この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

2 次に掲げる条例は、廃止する。

(1) 尾鷲市体育文化会館の設置及び管理に関する条例(昭和42年尾鷲市条例第26号)

(2) 尾鷲市立運動場条例(昭和29年尾鷲市条例第29号)

3 この条例施行の際、現に前項の規定による廃止前の条例により許可を受けている者の使用については、なお従前の例による。

附 則(昭和63年3月23日条例第3号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成2年3月27日条例第6号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月25日条例第16号抄)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成10年1月1日から適用する。

附 則(平成25年12月27日条例第40号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

尾鷲市営野球場

尾鷲市大字矢浜字真砂997番地ノ1

尾鷲市立運動場

尾鷲市中川1277番

テニスコート

尾鷲市体育文化会館

尾鷲市中村町10番50号

尾鷲市立武道場

尾鷲市九鬼体育館

尾鷲市九鬼町1110番地

別表第2(第8条関係)

尾鷲市営野球場使用料

区分

使用

使用時間

早朝

(午前6時~午前8時)

午前

(午前8時~正午)

午後

(正午~午後5時)

全日

(午前8時~午後5時)

2時間単位で使用する場合



入場料金の類を徴収しない場合

アマチュアスポーツ

1,000

4,000

5,000

8,000

2,000

アマチュアスポーツ以外


6,000

7,500

12,000

3,000

入場料金の類又はこれに類似する金銭を徴収する場合

アマチュアスポーツ


10,000

12,500

22,500


アマチュアスポーツ以外


18,000

22,500

40,500


5月1日から9月30日までは午前6時から午後6時までとする。(使用時間)

ただし、早朝使用の料金については当分の間は無料とする。

尾鷲市立運動場使用料

区分

午前

(午前8時~正午)

午後

(正午~午後7時)

全日

(午前8時~午後7時)

夜間照明

(午後6時~午後9時)

市民が体育運動に使用する場合

無料

無料

無料

1時間につき

500円

観覧料を徴収しない場合

1時間につき

500

700

1,000

1,000円

観覧料又はこれに類似する金銭を徴収する場合

3,000

5,000

10,000


尾鷲市立運動場テニスコート使用料

区分

午前

(午前8時30分~正午)

午後

(正午~午後5時)

全日

(午前8時30分~午後5時)

2時間単位で使用する場合

使用時間を超過した場合(1時間につき)

夜間照明

(午後5時~午後9時)



中学生以下

(一面につき)

200

300

500

100

50

2時間につき

500円

一般

(一面につき)

400

600

1,000

200

100

2時間につき

1,000円

備考

1 市内の小中学校の行事及び部活動で使用する場合は無料とする。

2 身体障害者及び当該団体の使用は無料とする。

3 市外の者が使用する場合の使用料は倍額とする。

尾鷲市体育文化会館使用料

時間区分

使用区分

使用時間

午前9時~正午

午後1時~午後5時

午後6時~午後10時

午前9時~午後5時

午後1時~午後10時

午前9時~午後10時



入場料を徴収しない場合

スポーツ(職業として行うものを除く)のために使用する場合

2,500

3,000

4,000

6,000

8,000

10,000

文化関係行事に使用する場合

3,000

4,000

5,000

7,000

9,500

12,000

その他の場合

平日

8,000

12,000

20,000

22,000

34,000

40,000

土・休日

12,000

16,000

20,000

30,000

38,000

44,000

入場料を徴収する場合

興業を直接の目的とする場合

50,000

70,000

100,000

120,000

170,000

200,000

その他の場合

平日

20,000

30,000

40,000

50,000

70,000

80,000

土・休日

24,000

36,000

48,000

60,000

80,000

90,000

○ステージのみ使用する場合・・・・・・・・・・・・1時間200円

○マイク使用料・・・・・・1台につき200円(ただし、入場料を徴収する場合はマイク使用料を含む)

備考

1 使用時間が定められた時間区分の2分の1以内の場合は当該使用料の2分の1に相当する額とする。(ただし、準備、原状回復の時間を含む)

2 定められた時間区分を超えて使用した場合の使用料は、超えて使用した1時間(1時間に満たない時間は1時間とみなす。以下同じ)ごとに時間区分の午後6時から午後10時までの使用料の4分の1の額(100円未満の額は100円とする)とする。

3 会場を使用の準備又は原状回復のためのみに使用する場合の使用料は当該使用時間の属する時間区分の使用料の3分の1に相当する額(10円未満の額は切捨てる)とする。

ただし、準備や原状回復が使用時間区分内に含まれる場合は、使用時間とみなす。

4 入場料を徴収する場合とは入場料、観覧料、寄付、入場券、招待券、優待券、整理券、会員券又は資金募集その他の名目のいかんをとわず入場について直接、間接に金銭の支出を必要とする場合をいう。

尾鷲市立武道場使用料

時間区分

午前

(午前9時~正午)

午後

(午後1時~午後5時)

夜間

(午後6時~午後9時)

使用料金

100

100

200

尾鷲市九鬼体育館使用料

区分

午前

(午前9時~正午)

午後

(正午~午後6時)

夜間

(午後6時~午後9時)

使用料金

200

200

400

備考

1 市内の小中学校の行事及び部活動で使用する場合は無料とする。

2 身体障害者及び当該団体の使用は無料とする。

3 市外の者が使用する場合の使用料は倍額とする。

尾鷲市運動施設の設置及び管理に関する条例

昭和62年3月25日 条例第3号

(平成26年1月1日施行)