○尾鷲市障害児保育事業実施要綱

平成2年3月16日

要綱第2号

(目的)

第1条 この要綱は、心身に障害を有する幼児(以下「障害児」という。)を保育所に措置し、適切な保育援助を実施することにより、心身の成長、発達を高めることを目的とする。

(事業の実施)

第2条 障害児保育事業は、社会福祉事務所長が指定する保育所(拠点保育所)において行う。

(対象児童)

第3条 保育所に受け入れる障害児は、原則として2歳以上就学前児童とし、集団保育可能で日々通所できる者とする。

(運営)

第4条 障害児保育事業の運営は次のとおりとする。

(1) 保育時間

1日8時間を原則とし、障害児の心身の状態に応じて当該障害児ごとに定める。

(2) 保育の趣旨

障害児に対し、可能な限りの早期に集団生活の場を用意し、ひとりひとりの発達特性に応じた保育を行う。保育形態は、統合保育を基本とする。またこの場合事故の防止、安全などの確保に十分留意するものとする。

(3) 職員

保育士の数はおおむね障害児2名につき1名とする。ただし、障害児の状態により加配する。

(4) 関係機関との連絡

社会福祉事務所長は、入所障害児の状況に応じ、専門的に必要な指導、助言を得るため、関係機関と密接な連絡をとり、児童の福祉向上に努めなければならない。

(入所の判別)

第5条 障害程度の判定及び入園決定については、次の各号に掲げる方法により総合的に行うものとする。

(1) 家庭児童相談員による観察

(2) 入所措置を行う職員の面接

(3) 検討委員会による判定

(検討委員会)

第6条 検討委員会は、社会福祉事務所長が協力を要請する次の公職者をもって組織する。

(1) 社会福祉事務所職員

(2) 紀州児童相談所職員

(3) 保健所保健師

(4) 家庭児童相談員

(5) 市保健師

(6) 市総合病院小児科医、整形外科医

(7) 社会福祉法人尾鷲民生事業協会職員

(8) その他社会福祉事務所長が必要と認めた人

(業務)

第7条 検討委員会は、次の業務を行う。

(1) 障害児の入所時及び入所後の観察保育に関すること。

(2) 障害児の入所判定に関すること。

(3) 入所後の障害児の保育に関すること。

(4) 障害児をもつ保護者の指導、助言及び相談に関すること。

(5) その他障害児保育の実施に関すること。

2 検討委員会は、社会福祉事務所長の招集により必要の都度開催するものとする。

(入所の決定)

第8条 入所要件の判定は、検討委員会において判定し、社会福祉事務所長が決定するものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、障害児保育に関する必要な事項については別に社会福祉事務所長が定める。

附 則

この要綱は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月27日告示第14号)

この告示は、平成14年4月1日から施行する。

尾鷲市障害児保育事業実施要綱

平成2年3月16日 要綱第2号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成2年3月16日 要綱第2号
平成14年3月27日 告示第14号