○尾鷲市養護老人ホーム設置条例

昭和38年9月23日

条例第26号

(目的)

第1条 本市は65歳以上の者であって環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難なものを入所させ養護するため老人福祉法(昭和38年法律第133号)第15条第3項に規定する養護老人ホーム(以下「施設」という。)を設置する。

(名称等)

第2条 施設の名称、位置及び入所定員は次のとおりとする。

(1) 名称 尾鷲市立養護老人ホーム聖光園

(2) 位置 尾鷲市大字大曽根浦15番地の1

(3) 入所定員 50人

(指定管理者による管理)

第3条 施設の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務の範囲)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の運営に関する業務

(2) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 入所者が自立した日常生活を営むために必要な指導及び訓練その他援助に関する業務

(4) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要があると認める業務

(入所手続)

第5条 施設に入所しようとする者は、別に定めるところにより市長の許可を受けなければならない。

(入所の拒否等)

第6条 次の各号に該当するときは、市長は入所を拒否し又は退所を命ずることができる。

(1) 伝染性疾患を有している者

(2) 年齢65歳未満の者

(3) その他市長が入所を不適当と認めた者

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和38年8月1日から適用する。

2 尾鷲市養老施設設置条例(昭和29年12月23日尾鷲市条例第22号)この条例施行の日から廃止する。

附 則(昭和40年12月13日条例第26号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和40年10月25日から適用する。

附 則(昭和63年3月23日条例第4号)

この条例は、公布の日から適用する。

附 則(平成7年12月25日条例第23号)

この条例は、平成8年2月15日から施行する。

附 則(平成18年3月24日条例第10号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月25日条例第36号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

尾鷲市養護老人ホーム設置条例

昭和38年9月23日 条例第26号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和38年9月23日 条例第26号
昭和40年12月13日 条例第26号
昭和63年3月23日 条例第4号
平成7年12月25日 条例第23号
平成18年3月24日 条例第10号
平成18年9月25日 条例第36号