○尾鷲市地区集会所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成25年3月29日

規則第12号

(目的)

第1条 この規則は、尾鷲市地区集会所の設置及び管理に関する条例(平成25年尾鷲市条例第1号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用の申請)

第2条 尾鷲市地区集会所(以下「集会所」という。)の使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、尾鷲市地区集会所使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(使用の許可)

第3条 市長は、集会所の使用を許可したときは、申請者に尾鷲市地区集会所使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 市長は、前項の許可にあたり使用範囲、期間その他管理上必要な条件を付けることができる。

(使用の制限)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認めたとき。

(2) 建物又は付属設備を損傷するおそれがあると認めたとき。

(3) 集会所の事業の運営上又は管理上支障があると認められるとき。

(4) その他市長が使用を不適当と認めるとき。

(光熱水費等の負担)

第5条 集会所の使用に際し、必要となる光熱水費等に係る経費の負担は集会所の使用を許可された者(以下「使用者」という。)の責任とする。

(使用許可の変更、停止及び取り消し)

第6条 次の各号の一に該当するときは、市長は、その使用条件を変更し、又は使用を停止し、若しくは使用許可を取り消すことができる。

(1) 使用者が、条例又は規則若しくは付した条件に違反したとき。

(2) 災害その他不可抗力による理由のため使用ができなくなったとき。

(3) 前2号の他管理の都合により必要が生じたとき。

2 前項第1号及び第2号の規定により使用許可の変更、停止又は取り消しを受けた者に生じた損害については、市は賠償の責めを負わない。

(入場料等の徴収禁止)

第7条 使用者は、集会所の使用に際し、営利を目的とする入場料又はこれに類する金銭を徴収してはならない。

(損害賠償の額)

第8条 条例第9条による損害賠償の額は、施設及び付属設備の損傷にあってはその修復に要する額とし、滅失にあっては当該物件の残存価格を基準とする。

2 その他必要と認める損害賠償の額については、市長が定める額とする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

尾鷲市地区集会所の設置及び管理に関する条例施行規則

平成25年3月29日 規則第12号

(平成25年3月29日施行)