○秋田県奥森吉青少年野外活動基地条例

平成十年三月二十七日

秋田県条例第十五号

秋田県奥森吉青少年野外活動基地条例をここに公布する。

秋田県奥森吉青少年野外活動基地条例

(設置)

第一条 奥森吉の恵まれた自然の中で野外活動を行う機会を提供することにより、青少年の自然環境に関する意識の高揚を図り、もって自然環境の保全に関する学習の振興に資するため、秋田県奥森吉青少年野外活動基地(以下「青少年野外活動基地」という。)を北秋田市森吉字森吉山麓高原一番地に設置する。

(平一七条例一五・一部改正)

(使用の許可)

第二条 青少年野外活動基地の施設のうち親子キャンプ場を使用しようとする者は、知事の許可を受けなければならない。

2 知事は、前項の許可に青少年野外活動基地の管理上必要な限度において条件を付することができる。

(使用の許可の取消し等)

第三条 知事は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止させることができる。

 不正な行為により使用の許可を受けたとき。

 使用の目的を変更したとき。

 知事の指示に従わなかったとき。

 前三号に掲げるもののほか、青少年野外活動基地の管理上支障が生じたとき。

(平一七条例七六・全改)

(指定管理者による管理)

第四条 青少年野外活動基地の管理は、法人その他の団体であって知事が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(平一七条例七六・追加)

(指定管理者の業務)

第五条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

 使用の許可、使用の許可の取消し並びに使用の制限及び停止に関する業務

 施設及び設備の維持管理に関する業務

 前二号に掲げるもののほか、青少年野外活動基地の管理に関し知事が必要と認める業務

2 前条の規定により青少年野外活動基地の管理を指定管理者に行わせる場合における第二条及び第三条の規定の適用については、これらの規定中「知事」とあるのは、「指定管理者」とする。

(平一七条例七六・追加)

(管理の基準)

第六条 指定管理者は、前条第二項の規定により読み替えて適用される第三条に定めるもののほか、使用期間及び使用時間に関する基準その他の規則で定める管理の基準に従って青少年野外活動基地の管理を行わなければならない。

(平一七条例七六・追加)

(規則への委任)

第七条 この条例に定めるもののほか、青少年野外活動基地の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

(平一四条例二一・旧第七条繰上、平一七条例七六・旧第四条繰下)

附 則

この条例は、平成十年六月一日から施行する。

附 則(平成一四年条例第二一号)

この条例は、平成十四年四月一日から施行する。

附 則(平成一七年条例第一五号)

この条例は、平成十七年三月二十二日から施行する。

附 則(平成一七年条例第七六号)

この条例は、平成十八年四月一日から施行する。

秋田県奥森吉青少年野外活動基地条例

平成10年3月27日 条例第15号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第6編 生活環境/第6章 自然保護
沿革情報
平成10年3月27日 条例第15号
平成14年3月29日 条例第21号
平成17年3月18日 条例第15号
平成17年7月8日 条例第76号