○蘭越町妊婦・乳幼児健康診査実施要綱

平成19年3月30日

要綱第10号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第12条及び第13条に基づき、適切な健康診査を実施することにより、妊婦の健康管理の向上と心身の発育途上にある乳幼児の健康の保持及び増進を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、蘭越町とする。

(対象者)

第3条 健康診査の対象は、蘭越町に住所を有する妊婦及び乳幼児とする。

(健康診査の種類)

第4条 健康診査の種類は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 妊婦一般健康診査

(2) 妊婦精密健康診査

(3) 生後1ケ月健康診査

(4) 乳幼児一般健康診査(3ケ月児~13ケ月児)

(5) 乳児股関節検診

(6) 乳児精密健康診査

(7) 1歳6ケ月児健康診査

(8) 3歳児健康診査

(9) 5歳児健康診査

(10) 乳幼児歯科健康診査

(健康診査の実施方法)

第5条 前条各号に掲げる健康診査は、保健福祉センターで行う集団健康診査又は医療機関及び助産所(以下「医療機関等」という。)に委託して行う個別健康診査により実施する。ただし、生後1ヶ月健康診査及び乳児股関節検診については、医療機関等の委託によらない個別健康診査とする。

(実施体制等)

第6条 健康診査の実施にあたつては、健康診査を担当する医師、歯科医師、保健師、看護師、栄養士、歯科衛生士等必要な職員を確保し、健康診査に必要な器具、健康診査票を整備して実施するものとする。

2 町長は、健康診査に関する健康診査票を定め、医療機関等に委託して行う個別健康診査においては、あらかじめ受診者にこれを交付するものとする。また、保健福祉センターで行う集団健康診査においては、保護者に対して事前に健康診査の問診票を配布し、又は実施会場において担当者が問診することにより受診者の状況を把握するものとする。

3 健康診査票に医師、歯科医師が健康診査の結果を記入して、町長が保管し事後の保健指導等に活用するものとする。

4 健康診査においては、母子健康手帳の内容を参考とし、それまでの発達状況等を確認するとともに、実施した健康診査の結果について同手帳に記入し、保護者が自らその結果を確認するよう指導するものとする。

(健康診査の内容)

第7条 医療機関等に委託して実施する健康診査の項目については、別に定めることとし、乳幼児健康診査の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 身体発育状況

(2) 栄養状態

(3) 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無

(4) 皮膚の疾病の有無

(5) 眼の疾病及び異常の有無

(6) 耳、鼻及び咽頭の疾病及び異常の有無

(7) 尿化学検査(試験紙等による半定量検査を3歳児健康診査時のみ実施)

(8) 四肢運動障害の有無

(9) 精神発達の状況

(10) 言語障害の有無

(11) 予防接種の実施状況

(12) その他の疾病及び異常の有無

(13) その他育児上問題になる事項(生活習慣の自立、社会性の発達、しつけ、食事、事故等)

(14) 歯の疾病及び口腔内異常の有無

(精密健康診査)

第8条 精密健康診査については、別に定めるところによるものとする。

(事後指導等)

第9条 妊婦健康診査においては受診者に対し、その他の健康診査においては受診者の保護者に対し、健康診査の結果を伝え、必要に応じ適切な指導を行う。また、引き続き指導の必要がある場合は、訪問指導等を行い、精密健康診査を必要とする対象乳幼児に対しては、関係機関と連絡を密にし、これらの事後指導にあたるものとする。

(その他)

第10条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(廃止)

2 蘭越町健康診査実施要綱(平成9年蘭越町要綱第12号)は、廃止する。

附 則(平成21年3月26日要綱第6号)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

蘭越町妊婦・乳幼児健康診査実施要綱

平成19年3月30日 要綱第10号

(平成21年4月1日施行)