○六戸町職員の職務に専念する義務の特例に関する条例施行規則

昭和四十六年十月一日

規則第二号

(特例)

第二条 条例第二条第三号の規定による特例は、次に掲げるとおりとする。

 特別職の職を兼ねその職に属する事務を行う場合

 職務に関連のある国家公務員又は他の地方公務員としての職を兼ねその職に属する事務を行う場合

 町行政の運営上特に必要と認められる他の地位に属する事務を行う場合

 地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号。以下「法」という。)第四十六条の規定による勤務条件の措置に関し要求し、及びその審理に出頭する場合

 法第四十九条の二の規定による審査請求をし、及びその審理に出頭する場合

 法第五十五条第十一項の規定による不満を表明し、又は意見を申し出る場合

 妊娠中の女性職員の業務が母体又は胎児の健康保持に影響があると認められる場合

 妊娠中の女性職員が通勤に利用する交通機関の混雑の程度が母体又は胎児の健康保持に影響があると認められる場合

 妊娠中又は出産後一年以内の女性職員が母子保健法(昭和四十年法律第百四十一号)第十条に規定する保健指導を受ける場合又は同法第十三条に規定する健康診査を受ける場合

 前各号に準ずるもので町長が特に必要と認める場合

(手続)

第三条 職員が前条の規定により職務に専念する義務の特例を受けようとする場合は、遅滞なくその旨を別紙様式により町長に願い出て承認を受けなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成七年三月一五日規則第三号)

(施行期日等)

第一条 この規則は、平成七年四月一日から施行する。

附 則(平成一八年三月一七日規則第七号)

この規則は、平成十八年四月一日から施行する。

附 則(平成一九年三月一三日規則第二号)

この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二五年二月七日規則第二号)

この規則は、平成二十五年四月一日から施行する。

附 則(平成二八年三月二五日規則第三号)

(施行期日)

1 この規則は、行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号)の施行の日(平成二十八年四月一日)から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

画像

六戸町職員の職務に専念する義務の特例に関する条例施行規則

昭和46年10月1日 規則第2号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第4章
沿革情報
昭和46年10月1日 規則第2号
平成7年3月15日 規則第3号
平成18年3月17日 規則第7号
平成19年3月13日 規則第2号
平成25年2月7日 規則第2号
平成28年3月25日 規則第3号