○六戸町臨時職員取扱規程

平成十八年三月三十一日

告示第四十五号

六戸町臨時職員取扱規程(昭和四十五年六戸町訓令第一号)の全部を改正する。

(趣旨)

第一条 この規程は、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号。以下「法」という。)第二十二条第五項又は地方公務員の育児休業等に関する法律(平成三年法律第百十号。以下「育児休業法」という。)第六条第一項の規定により臨時的に任用する職員(以下「臨時職員」という。)の取扱いを適正に行うため、臨時職員の任用手続、給与及び勤務時間その他の勤務条件等について必要な事項を定めるものとする。

(臨時的任用を行う場合)

第二条 臨時的任用は、次に掲げる場合に行うものとする。

 災害その他重大な事故のため、法第十七条第一項の採用、昇任、降任又は転任の方法により職員を任命するまでの間その職員の職を欠員にしておくことができない緊急の場合

 臨時的任用を行う日から一年以内に廃止されることが予想される臨時の職である場合

 育児休業法第六条第一項に規定する場合

 その他町長が必要と認める場合

(臨時職員の区分及び定義)

第三条 臨時職員は、期限付臨時職員、育児休業代替臨時職員、日日雇用職員及び非常勤職員に区分し、それぞれの意義は、次に定めるとおりとする。

 期限付臨時職員 任用期間が六ケ月以下の臨時の職に任用される者

 育児休業代替臨時職員 育児休業をしている職員の代替として当該育児休業の期間の範囲内の任用期間で臨時的に任用される者

 日日雇用臨時職員 雇用予定期間が五ケ月以下で日々雇用される者

 非常勤職員 一週間当たりの勤務時間が一般職員の四分の三を超えない範囲内で任用される者

(年間任用計画の承認)

第四条 課長、事務局長、事務長、室長(以下「課長等」という。)は、四月一日から翌年三月三十一日までの間に、臨時職員の任用を必要とする場合は、毎年三月十五日までに年間任用計画書(様式第一号)により臨時職員の年間任用計画について町長の承認を受けなければならない。ただし、一月のうちその任用予定期間が十五日未満の職に任用する場合は、この限りでない。

2 課長等は、やむを得ない理由により、前項の規定により承認を受けた年間任用計画の一部を変更しようとするときは、あらかじめ年間任用計画一部変更計画書(様式第一号)により町長の承認を受けなければならない。

3 課長等は、前二項の承認を受けようとする場合は、総務課長及び財政主管課長に合議しなければならない。

(臨時職員の任用)

第五条 臨時職員の任用は、前条第一項及び第二項に規定する年間任用計画に基づき、その範囲内において行わなければならない。

2 臨時職員に任用される者の任用は、任用伺(様式第二号)により総務課長に合議した後、町長の承認を得、任用通知書(様式第三号)を交付して行うものとする。

(任用期間の更新)

第六条 臨時職員の任用期間は、任用期間更新通知書(様式第四号)により更新することができる。この場合において、臨時職員の更新は、福祉施設、病院等の保健師、看護師等の産休の代替としての有資格者の確保が困難な場合その他特別の事情がある場合に限るものとし、その期間は、六ケ月以内とする。

2 第一項の期限付臨時職員の任用期間は、再度更新することができない。

(覚書)

第七条 臨時職員は、任用された後速やかに自己の署名押印した覚書(様式第五号)を町長に提出しなければならない。

(再任用の制限)

第八条 臨時職員であった者を再び臨時職員として任用してはならない。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合は、臨時職員であった者を再度臨時職員として任用することができる。この場合において、第二号又は第四号に該当する場合の再任用は、一回に限るものとする。

 福祉施設、病院等の保健師、看護師等の産休若しくは育児休業の代替のため任用する場合で有資格の確保が困難な場合

 看護師の補助業務に従事する者その他町長が指定する業務又は職に従事する者の特別休暇の代替等のため任用する場合で他の適任者の確保が困難であると町長が認めた場合

 育児休業代替臨時職員としての任用が終了した後当該任用に係る育児休業をしていた職員が当該育児休業に係る子について再び育児休業の承認を受けた場合に当該職員の代替として任用する場合

 前三号に掲げるもののほか、直前の任用期間が五ケ月以内で、当該期間満了後一ケ月以上経過した場合

(給与)

第九条 臨時職員の給与は、賃金とする。

2 賃金は、時間給、日額若しくは月額とし、予算の範囲内で町長が別に定める。

3 通勤手当の支給等については、一般職の例による。

(勤務時間)

第十条 臨時職員(非常勤職員を除く。)の勤務時間は、別に定めがあるものを除き、六戸町職員服務規程(昭和五十一年六戸町訓令甲第三号。以下「服務規程」という。)の適用を受ける職員の例による。ただし、勤務の特殊性によりこれにより難い場合は、任用の都度別に定める。

2 非常勤職員の勤務時間の割振り及び勤務日は、任用の都度定める。

(有給休暇)

第十一条 臨時職員(期限付臨時職員又は非常勤職員で一月のうちその任用期間が十五日未満の職に任用されるものを除く。)の有給休暇の種類及び期間は、別表のとおりとする。

2 有給休暇の届出、願出、承認については、六戸町職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成七年六戸町規則第三号)の適用を受ける職員の例による。

(服務)

第十二条 臨時職員の服務については、別に定めがあるものを除くほか、次に定めるところによる。

 期限付臨時職員及び育児休業代替臨時職員の服務については、服務規程の適用を受ける職員の規程を準用する。

 日日雇用臨時職員及び非常勤職員の服務にあっては、勤務上の必要がある場合には、服務規程に定める勤務時間の範囲内で時間単位で勤務させることができる。

(退職)

第十三条 臨時職員が任用期間の中途で退職する場合の退職の承認は、町長が退職承認通知書(様式第六号)を交付して行うものとする。

附 則

1 この規程は、平成十八年四月一日から施行する。

2 六戸町臨時職員取扱基準(昭和四十五年)は、廃止する。

附 則(平成一九年三月一三日告示第一六号)

この要綱は、平成十九年四月一日から施行する。

附 則(平成二二年一月一八日告示第一四号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第11条関係)

有給休暇の区分

期間

種類

説明

期限付臨時職員及び育児休業代替臨時職員

非常勤職員

年次休暇

 

10日に当該任用期間の月数を乗じ、12で除して得た日数(1日未満の端数は、切り捨てる。)

10日に当該任用期間の月数を乗じ、12で除して得た日数(1日未満の端数は、切り捨てる。)。ただし、労働基準法(昭和22年法律第49号)第39条第3項の規定による年次有給休暇の日数が10日を超える場合は、当該年次有給休暇の日数とする。

祭日休暇

職員が父母、配偶者及び子の祭日に当たったときに与える休暇

六戸町の職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成7年六戸町規則第3号)の適用を受ける職員の例による。

服忌休暇

職員が親族の喪に服するために与える休暇

生理休暇

女子職員が生理日において勤務することが著しく困難であることによって与える休暇

結婚休暇

職員の結婚のために与える休暇

育児休暇

女子職員が生後満1年に達しない生児を育てる場合に与えられる休暇

夏期休暇

職員の夏季における盆等の諸行事、心身の健康の維持及び増進又は家庭生活の充実のために与えられる休暇

1の年(1月1日から12月31日までをいう。)の6月から9月の期間内における1日

備考

(1) 有給休暇(育児休暇を除く。)は、期限付臨時職員及び育児休業代替臨時職員にあっては1日又は半日を単位として、非常勤職員にあっては1日を単位として与える。

(2) 年次休暇及び夏期休暇を除いたその他の休暇の日数中には、週休日並びに国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月1日(日曜日に当たる場合に限る。)、1月2日(月曜日にあたる場合を除く。)、1月3日及び12月29日から12月31日までの日を含むものとする。

(3) 期限付臨時職員、育児休業代替臨時職員及び非常勤職員がこの表に定める年次休暇の日数のうち、任用期間中に与えられなかった日数(以下「残日数」という。)があり、かつ、当該期限付臨時職員、育児休業代替臨時職員及び非常勤職員の任用期間が更新された場合は、更新後の任用期間において残日数を年次休暇として受けることができる。ただし、繰り越された残日数は、再度繰り返すことはできない。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

六戸町臨時職員取扱規程

平成18年3月31日 告示第45号

(平成22年1月18日施行)