○龍ケ崎市元気あっぷ応援事業実施要綱

平成17年3月31日

告示第49号

(目的)

第1条 この要綱は,高齢者が寝たきり状態となる原因のひとつである転倒の予防と,自立した生活の支援を目的に,歩行機能,下肢筋力及びバランス能力の維持及び改善を図るため必要な措置を講じ,もって要介護状態への進行を予防することを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は,市内に住所を有し,介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第27条及び第32条に規定する要介護等の認定を受けていないおおむね60歳以上の者とする。

(事業の内容等)

第3条 事業の内容は,次に掲げるものとする。

(1) ストレッチ

(2) エアロビクス運動

(3) 強化エクササイズ

(4) 体力テスト

(5) 調理実習

(6) その他転倒防止及び自立生活支援のために必要なこと。

2 前項の事業における一人当たりの参加回数は,12回を限度とする。

(利用の申請)

第4条 この事業の利用を申請する者(以下「申請者」という。)は,龍ケ崎市元気あっぷ応援事業利用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 申請者のうち心臓病又は脳血管疾患の既往がある者については,診療情報提供書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。この場合において,診療情報提供書を作成するのに要した経費のうち,自己負担分に係る経費は,申請者の負担とする。

(利用の許可)

第5条 市長は,前条の規定による申請があったときは,その内容を審査の上,承認又は不承認の決定をし,龍ケ崎市元気あっぷ応援事業利用承認通知書(様式第3号)又は龍ケ崎市元気あっぷ応援事業利用不承認通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(費用の負担)

第6条 前条の規定による承認の決定を受けた者(以下「利用者」という。)は,器具代等の実費相当分を負担するものとする。

(利用の制限)

第7条 市長は,利用者の身体機能が低下し,法第27条及び第32条に規定する要介護等の認定を受け,又は担当医から運動制限に関する通知等があったときは,龍ケ崎市元気あっぷ応援事業利用(中止・制限)通知書(様式第5号)により,利用者に事業の利用の中止又は制限する旨を通知するものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成17年6月1日から施行する。

付 則(平成21年3月31日告示第72号)

この告示は,平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成26年3月24日告示第37号)

この告示は,平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市元気あっぷ応援事業実施要綱

平成17年3月31日 告示第49号

(平成26年4月1日施行)