○龍ケ崎市産地アップ支援事業補助金交付要綱

平成24年3月30日

告示第61号

(趣旨)

第1条 この要綱は,市内において農産物の共同出荷を行っている生産者に対して,地産農産物のブランド化の推進に要する経費の一部を補助することについて,龍ケ崎市補助金等交付規則(平成15年龍ケ崎市規則第17号。以下「規則」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(補助対象経費)

第2条 補助金の交付対象となる経費は,次の各号に掲げるいずれかの生産組織(以下「生産組織」という。)が生産した農産物を市場(中央卸売市場及び地方卸売市場をいう。)に共同出荷するための資材のうち,龍ケ崎市をイメージするデザインが取り入れられているものの購入等に要する経費とする。

(1) おおむね5戸以上の生産農家で構成する生産組織

(2) 2戸以上の生産農家で構成し,ふるさと龍ケ崎ブランド農産物(以下「ブランド農産物」という。)の対象品種の青果物を生産している生産組織

(補助対象者)

第3条 補助金の交付対象者は,市内に活動の拠点を置く生産組織の構成員のうち,市内に住所を有する者又は市が認定した認定農業者とする。ただし,他市町村においてこの要綱による補助金と同種類の補助金等を受けていると市長が認めた者については,この限りでない。

(補助金の額)

第4条 市長は,予算の範囲内において,補助対象経費の10分の1以内の額を補助金として交付するものとする。この場合において,当該補助対象経費に係る農産物が茨城県青果物銘柄産地若しくは茨城県青果物銘柄推進産地の指定又は茨城県花き銘柄産地若しくは茨城県花き銘柄推進産地の指定を受けたもの(指定の更新を受けたものを含む。以下同じ。)であるときは,当該補助対象経費の10分の2の額を限度として,補助金を加算することができる。

2 前項に規定する補助金に1,000円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

(補助の期間)

第5条 補助の期間は,最初に補助金が交付決定された年度を初年度とし,5年を限度とする。ただし,次の各号に掲げる農産物の補助については,それぞれ当該各号に定める期間内に限り,当該補助の期間を延長することができる。

(1) 茨城県青果物銘柄産地若しくは茨城県青果物銘柄推進産地の指定又は茨城県花き銘柄産地若しくは茨城県花き銘柄推進産地の指定を受けた農産物 当該指定の有効期間

(2) ブランド農産物の対象品種の青果物 当該青果物を生産している期間

(交付の申請)

第6条 規則第5条に規定する補助金の交付の申請は,補助金の交付を受けようとする生産組織の構成員を代表して,生産組織の長が市長に提出するものとする。

(実績報告)

第7条 規則第12条に規定する実績報告は,補助金の交付を受けた生産組織の構成員を代表して,生産組織の長が当該年度の3月31日までに市長に提出するものとする。

(補助金の返還)

第8条 市長は,補助金の交付の申請者が虚偽の申請等により補助金の交付を受けたときは,既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成24年4月1日から施行する。

付 則(平成27年12月2日告示第119号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成29年1月17日告示第3号)

この告示は,公布の日から施行する。

龍ケ崎市産地アップ支援事業補助金交付要綱

平成24年3月30日 告示第61号

(平成29年1月17日施行)

体系情報
第9類 業/第2章
沿革情報
平成24年3月30日 告示第61号
平成27年12月2日 告示第119号
平成29年1月17日 告示第3号