○瀬戸市立図書館条例

昭和45年6月1日

条例第19号

(趣旨)

第1条 この条例は、図書館法(昭和25年法律第118号)第10条および地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、瀬戸市立図書館(以下「図書館」という。)の設置および管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市に図書館を設置し、その名称および位置は、次のとおりとする。

名称 瀬戸市立図書館

位置 瀬戸市東松山町1番地の2

(目的)

第3条 図書館は、図書、記録その他必要な資料(以下「図書館資料」という。)を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーシヨン等に資することを目的とする。

(業務)

第4条 図書館は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる業務を行なう。

(1) 図書館資料の収集、整理、保存および利用に関する業務

(2) 自動車文庫および貸出文庫の巡回

(3) 幻燈、映画、音楽等の鑑賞

(4) 読書会、研究会、各種鑑賞会および資料展示会の主催ならびに奨励

(5) 館報その他読書資料の発行および配布

(6) 時事に関する情報および参考資料の収集ならびに紹介および提供

(7) その他必要な業務

(分館等の設置)

第5条 図書館は、必要に応じて分館、閲覧所、配本所、自動車文庫等を設置することができるものとする。

(職員)

第6条 図書館に館長、司書、司書補その他必要な職員を置く。

(平18条例12・一部改正)

(図書館資料の複写)

第7条 図書館資料の複写を依頼する者は、図書館資料複写手数料(以下「手数料」という。)を納めなければならない。

2 前項の手数料の額は、複写用紙1枚につき50円の範囲内で教育委員会規則で定める額とする。

(昭51条例13・一部改正)

(委任)

第8条 この条例で定めるもののほか、図書館の管理および運営に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 瀬戸市立図書館設置条例(昭和25年瀬戸市条例第20号)は、廃止する。

附 則(昭和51年3月31日条例第13号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月28日条例第12号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

瀬戸市立図書館条例

昭和45年6月1日 条例第19号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和45年6月1日 条例第19号
昭和51年3月31日 条例第13号
平成18年3月28日 条例第12号